心がすり減る・・・。

FBでは全国から毎日、同じような記事が流れます。

『○日期限です!このコを助けてください!里親さん、預かりさんを探しています』

そして、センターの暗くて冷たい檻の中にいるそのコの画像が添えられています。


人間を少しも疑わず、無邪気な顔で写っているコ。

恐怖に怯えきって写っているコ。

諦めたような・・・心を閉ざして無表情で写っているコ。

思わず目をそらしたくなるような。。。
涙が溢れてしまうような、ボロボロな姿で写っているコ。



そんな、飼い主に棄てられ命の期限をつけられたコ達を見るたび、
どんどん心がすり減っていく気がします。



みんなみんな、元は飼い主がいたコ達・・・。



引越しをするから。。。
アレルギーが出たから。。。
年老いてボケて吠えるから。。。
病気になったから。。。



さまざまな理由で棄てられたコ達・・・。



どんな理由も、そのコの命を見捨てる理由にはなりません。

ずっと一緒に暮らしてきた家族を裏切る理由にはなりません。



日本は動物愛護に関してまだまだたくさんの問題があると思います。

行政から大きく変えていかないといけないと思います。



でも・・・。



家族として迎えたそのコを最期の瞬間まで愛して、寄り添ってくれたら、
それだけでたくさんの不幸な命を減らす事ができます。





DSC_2755[1]-t
なんの疑いもなく、ただただ真っ直ぐに純粋に見つめるこの瞳を・・・。
小さな。。。でも、かけがえのない大切な命たちを。。。。

どうか裏切らないでください。

ずっとずっと、生涯愛してあげてください。










   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村










コメント

非公開コメント