たまらない・・・。 


はぎたち兄妹は、センターに持ち込まれた命でした。
DSC_4041[1]-t
豚汁のフリーズドライが入っていたダンボールにストール。。。
間違いなく、飼い猫が産んだんだろう・・・と、思われる命たちでした。
そして、産まれてすぐに持ち込まれたようでした。


DSC_4054[1]-t
へその緒もついている、小さい・・・でも、あたたかい。。。。命でした。



DSC_4684[1]-k
お母さんが恋しかっただろうに、兄妹で舐め合い、自分の手を吸って。。。
必死で生きていました。



DSC_4698[1]-k



DSC_4671[1]-k
目が開いて・・・はじめて見た世界はどうだっただろう。



DSC_5385[1]-s
明るく、あたたかく感じてくれたのならいいのだけど・・・。



DSC_5414[1]-s
兄弟たちが下痢をして入院する中、はぎだけは病院知らず。



DSC_5393[1]-s
体調の安定した手のかからないコでした。



DSC_5919[1]-b
ごはんも・・・すぐに上手に食べられるようになったね。
同じ黒猫の【ぼた】のお姉ちゃんみたいな存在でした。



そして、立派に成長して、兄弟揃ってやっとご縁探し!
DSC_7402[1]-s


の、はずでした。



そんな【はぎ】が昨日。。。亡くなりました。



ショックが大きすぎて・・・・。

今は何も考えられない状態です。



1週間ほど前に、1度元気、食欲が落ちた事がありました。

熱もあったので、病院で皮下点滴をしてもらいました。

翌日から元気、食欲は戻り、安心していました。




DSC_7966[1]-b



でも、その5日後の一昨日からまた少し元気がなくなり。。。。
その日の夜、ごはんを半分、残しました。

そして翌朝は、ごはんを全く食べませんでした。

でも、特に弱っている様子ではなく、ちょっと元気がない程度で・・・。
ただ、呼吸が少し荒い感じでした。

『また熱が出た??まさか肺炎とかになっちゃった??』
慌てて、病院へ連れて行きました。

熱はなく。。。。。
レントゲンを撮ってもらったら・・・・・。

胸水が溜まっていました。



はぎも・・・・FIPでした。



はぎの場合、腹水ではなく、胸水のほうだったようで。。。。

全く気づいてあげられませんでした。

いや、本当は点滴をしてもらったあと、食欲が戻っただけで、
元気は完全には戻っていなかったはずです。

でも、普通にケージから飛び出してきて、ごはんを食べる姿に安心して、
いつもとは違っただろう小さな変化をみつけてあげる事ができませんでした。

イエティの時に感じた、『なんか違う?』を気づいてあげられなかった・・・。

はぎはずっと手のかからない優等生だったので、油断していたのかもしれません。

はぎに申し訳ない。

FIPでしかも、胸水が溜まるタイプだったのなら、もしその時病気に気づいていても
寿命は同じだったかもしれません。

でも、その時に気づいてあげられていたら、もっと一緒にいられたのに。。。

イエティのように、うちのコにしてずっとそばに居れたのに・・・。

保護猫のまま、逝かしてしまいました。



はぎは、病院で胸水を抜く処置をしてもらう最中、暴れて呼吸困難になり
亡くなってしまいました。

レントゲンの時にも暴れたらしく、そうなる可能性は予測できたのですが、
胸水を抜かなければ、呼吸ができなくなって苦しんで死ぬし、他に手はなく。。。
鎮静をかけて最善を尽くしてくださるとの事でしたが、その鎮静をかける作業で
すでに暴れてしまいました。




DSC_7584[1]-b
仲良し姉弟、ぼたとのご縁があると最高なんだけどなぁ・・・



DSC_7602[1]-b
なんて、望んでみたりしていたのですが・・・・。




DSC_7590[1]-h
はぎは、生後2ヶ月半の短い生涯を閉じました。
穏やかで優しいコでした。
とてもとてもかわいいコでした。





今日はどうしてもお別れのできなかった私。。。

明日、はぎをお空へ還します。






萩-b







   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






コメント

非公開コメント

安らかに

辛いですねたまらなく

はぎちやん美味しいご飯食べれてよかったね
あたたかいぬくもりいっぱいで嬉しかったね

安らかに。やすらかに。

ママありがとうありがとうにゃん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうして、次から次へと悲しいことが起こるのでしょう・・
たくさん、たくさん頑張ってあるcigarさんなのに。神様、いたずらが過ぎます!
こんなの、簡単に立ち直れるはずないです。頑張らず、ゆっくり休んで下さい。

はぎちゃんのご冥福をお祈りします。

ああ、CIGERさん…。
本当にもう辛いお別れをCIGERさんにさせないで、そう願わずにはいれません。

見取る立場からすると辛い最期だったと思います。
でもはぎちゃん、きっと辛い時間は少なかったと思います。
兄妹と一緒にCIGERママの愛に包まれて過ごした2か月半はきっとあたたかく明るいニャン生だったと思います。
お花に包まれたはぎちゃんは、やわらかく微笑んでいるように見えます。

はぎちゃん、ぼたちゃんとのとってもかわいいシンクロツーショット、見せてくれてありがとう。

はぎちゃん、頑張ったんですね。
みんなそうだけれど
はぎちゃんも可愛い愛おしい子。

しばらくゆっくり休んで、みんなと遊んだら
着替えておいでね。

はぎちゃん、イエティちゃんのご冥福をお祈り致します。

私には5年前保護して3日でお空に行ってしまった子がいます。そのときペット霊園の方が、優しい人だけが傷つく世の中はおかしいよね。とおっしゃっていました。
本当にそうだと思いました。

世の中の全てのネコ達にが幸せに暮らせる日が来ますように…

辛いですよね…。
私も5月に子猫を拾いました。うちの子として飼っていくつもりでした。でも病院に連れて行った次の日に亡くなりました。ずっと辛くて泣いてばかりで何もやる気が起きなかったけど、うちにいる2匹のネコに救われました。今でもあの子の事を思うと涙が出るけど、きっと時が解決してくれます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

悲しくて涙が止まりません。

うちも、白血病で五か月で亡くなった子がいます。

がんばれー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます