賑、逝ってしまいました 


11月4日 20時20分 賑は息をひきとりました。


11月に入ってから、何だか少し体調が落ちた感じがしていました。

ごはんはちゃんと食べてくれていました。
排泄もちゃんとトイレで出来ていました。
私が動くと、ぽてぽて歩いてついてきていました。

それなのに、何かが少し違う気がして。。。
心配していました。

そんな賑の体調が急変したのは4日に日付が変わったばかりの午前0時少し過ぎ。
歩いてきたかと思ったら、ぺたんとへたり込み。。。
立ち上がれませんでした。

慌てて抱き抱え、ベッドに戻しました。
ごろごろ。。。。
賑のごろごろを聞いたのは、その時が最後でした。

それから賑はもう起き上がる事はありませんでした。

一睡もせずに見守りました。
明け方から首を反らせて痙攣するようになり、よだれを流し。。。。
苦しそうに口を開けたりするようになりました。
朝まで持たない。。。
そう思いました。

それでも、賑は持ちこたえ、、、無事、朝を迎えました。
目を開けているけど、全く見えている様子はなく、完全に昏睡状態にある時間と、
痙攣し、意識が朦朧としているものの、ちゃんとわかっている時間。。。
ただただ穏やかな時間。。。
そんな状態を繰り返していました。


賑6
大丈夫だから。。。
ずっとそばにいるから。。。。

ずっと、話しかけていました。


賑5
産まれてきてくれてありがとう。
賑に出逢えてよかった。
大好きだよ。
いっぱいいっぱい愛しているよ。

ずっと、話しかけていました。


賑10
温もずっとそばにいました。


いつ呼吸が止まってもおかしくない状況。
絶対にヒトリで逝かせたくない・・・・。
ごはんはもちろん、トイレに立つこともできませんでした。


ただ、その日は大切な暁春のトライアルの日でした。
延期していただく事も考えました。
でもきっと賑もそんな事、望んでいない。。。
それに、賑はきっと帰りを待っててくれる。。。。
夫に無理を言って、その時間だけ賑のそばに戻ってもらい、
私は暁春をトライアルに連れて行きました。



賑2
いつも元気いっぱいのタカも、出発まで賑のそばで静かに見守っていてくれました。



暁春の幸せの予感を見届け、賑の元に戻ると、賑は意識を取り戻していました。



もう鳴く事も、しっぽを動かす事もできないのだけど。。。。
名前を呼ぶと、ゆっくり瞬きをします。


賑7
わかっているよね。
聞こえているよね。。。

嬉しくて切なくて、涙がとまりませんでした。



賑は本当に本当によく頑張りました。
急変から20時間。。。。
賑は最期の最期まで、、、、本当によく頑張ってくれました。



賑8




甘えん坊さんな賑はみんなが揃うのを待っていたのでしょう。
夫が帰宅し、しばらくして、小さく鳴いたかと思ったら
すぅ・・・・っと息をひきとりました。







賑が逝ってしまってから3日。。。。
ぽっかりあいた心の穴をまだ埋める事ができません。
ふいに涙が溢れてどうしようもありません。

でも、私には守らないといけないコがいます。



賑とずっとずっと一緒だった温は・・・・。
賑が息をひきとったあとも、賑のそばを離れませんでした。



賑14





賑16





賑17





賑11




私がしっかりしなきゃ。。。。



やっと昨日、賑を供養してもらいました。

でも温は今日も賑を探して廊下をうろうろします。。。




賑12




大丈夫。
賑はいつでも温のそばにいるよ。。。。









にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村









コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

にぎちゃんとともに生きる そして活きる

暁春君をわたくしどもにあずけてくださってありがとうございました。

当日のCIGARさんには、ただならぬ気配があり、わたくしどもも、暁春君の受け入れのことだけの話しかせず、取り急ぎ、CIGARさんを見送らせていただきました。

確かに、受け入れの日はいつでもよかったのてもしれません、伸ばしてもよかったのかもしれません。

でも、わたくしたち家族も先代たちの旅立ちのときには、それがいつなのか、ギリギリのさよならのときまで、『きっとわかってくれる』との思いで、一瞬一瞬を過ごしました。僭越ながら、CIGARさんと同じ想いです。


今回で、らしどれみふぁ♪含め、五つの命を預かったことになります。

『生』があると、『愛別離苦』も必ず伴います。

それも受け止めたうえでの、暁春君受け入れです。
どの仔も命ある限り、人間のわたくしたちに最期まで寄り添ってくれることでしょう。
だから、わたくしたちも、しっかり向き合い、前に前に進んでまいりたいと思います。

ほんとうにありがとう、賑ちゃん。
賑ちゃんは、暁春のなかにあると思っていただけるとありがたいと思います。

優しいお兄ちゃんたちは、すぐに暁春くんを受け入れてくれ、ちょっと気難しいお姉ちゃんたちも、少しずつ距離を縮めてくれています。

すべては、暁春君のポジティブな姿勢(そうやって育ててくださったCIGARさん)、そして、おしゃべりだったかわいい賑ちゃんがよりそってくれているからに違いありません。

長文失礼いたしました。

安らかに

ふたり共お利口さん!
ずっと仲良しだもんね。
合掌

どうか安らかに

賑ちやんのご冥福をお祈りします。
こんなに可愛いコを失って、
どんなにお力落としか、お察しいたします。

温ちゃんが切ないですね。
賑ちゃんの分までなんとか生きて幸せをつかんで欲しい…心から祈っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

更新がないので心配していました。
本当にとても残念です。
賑ちゃん、本当に最後まで生きよう!って頑張ってくれたんですね。
今はただただ賑ちゃんのご冥福をお祈りします。救いは、もうしんどい思いをしなくていいことだけで、でもこれから先、遊んだり美味しいものを食べたりすることがもっと続くはずだったのに…と思うと可哀想でなりません。
賑ちゃんの分も温ちゃんに長生きしてもらわないと!ですね。
CIGARさん、本当にお疲れ様でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あまりに短かった賑君の猫生。
それでも、暖かなお家で家族に見守られて、
息を引き取る事が出来て、幸せだったと思います。賑君に寄りそう温くんの姿に、涙が零れます。どうか、賑君の分まで、温君が長生きして、幸せに暮らせますように。

賑君、おやすみなさい。

賑ちゃん、最期まで精一杯生きました。
みんなの帰りを待ち、見守られながら旅立つ事が出来たんですね。
温ちゃんとの写真は、本当に切なくて…涙が出てきます。
ただただ、可愛い可愛い賑ちゃんのご冥福をお祈りしています。

賑ちゃん、お疲れ様でした。
小さな身体で頑張ったね。
ゆっくり休んでください。
賑ちゃんが安らかでありますように。

cigarさん、温ちゃん、大丈夫でしょうか。
体調、崩されませんように…

初めてコメントします。私も猫の一時預かりボランティアをしており、いつもコッソリ拝見していました。
賑ちゃん、良く頑張りましたね。小さくとも精一杯輝いて生きる尊い命、最期までしっかり見届けて下さり、本当にありがとうございます。短くとも、賑ちゃんは幸せな猫生だったと思います。

今はまだお辛いとは思いますが、いつか楽しかった想い出を沢山沢山語ってあげてください。
1番の供養になるし、賑ちゃんも、虹の橋から仲間たちの幸せをきっと応援してくれることでしょう。

どうぞお身体ご自愛下さいませ。

No title

写真を見ていると、色々な感情が込み上げてきて涙がでるばかりです。
側で見てきたcigarさんはなおのことだと思います。本当に可愛いくて愛おしいですね。
沢山の愛を抱いて虹の橋に行ったんですね。
向こうで微笑んでいると思います。

たかが不良品の猫一匹が死んだだけで大騒ぎとはね。まさに社会病理だね。世界中には飢えて死ぬ人間もいるのに自然界ならとっくに淘汰されてる猫を擬人化して、お涙ちょうだい。猫なんかそんなんおもとるはずないやろ。

どのいのちも大切だと気づけないなんて、せっかく人間として生まれてきたのに、残念です。
コメントお書きになった方のお気持ちもお察しいたしますが。
とにかく、どの命も、おんなじ、ひとつの命と、わたくしたち家族は信じ、これからも、動物たちに助けてもらいながら、毎日頑張りたいと思います。