悪夢のような10日間 1

前回の記事にコメントくださった皆さん、ありがとうございます。
ご心配をおかけしています。

私は元気にしています。
私のところにいるコ達は、私にしか守ることができませんから・・・。
頑張ります。





今年は、今までと違う形で活動してきました。
乳飲み子や体調の悪いコなど、手のかかるコは私が預かり・・・・。
そのコ達の体調が安定して、里親さん探しができるようになったら、
同じく保護活動しているSさんのところに移動して・・・。
私はまた、小さいコや手のかかるコ達を預かる・・・・と、いうようにしてきました。

本当は時間と愛情をかけてお世話してきたコ達がちゃんと幸せをつかめるまで
見届けたいのですが・・・・。
巣立ちの日まで、成長を見ていたいのですが・・・・。
1にゃんでも多くの命を助けるために・・・。
そうやってきました。

やっと目の開いた頃からお世話してきたトロ達5にゃんこも例外ではありません。
http://taikotatakicigar.blog33.fc2.com/blog-entry-151.html
里親さん募集の記事を書いた日には、もう移動していました。
そして里親さん探しは、私とSさん、一緒にやっていっていました。

我が家からSさんのところに移動して8日目。
あのコ達に面会の予定が入りました。
普通だったら、現在生活しているSさんのところに面会に来ていただくのですが、
ちょうどその日、Sさんは他にもトライアルや正式譲渡などが入っていて時間が
取れなかったので、私が面会をすることになりました。

面会の少し前にSさんが、5にゃんこを連れてきてくれました。
1週間ぶりの再会ー!と、喜んでいたのですが・・・。
会ってみたら・・・・うにはかなり痩せていました。
(その事は前日にSさんに聞いていたのですが、想像以上でした。)
そして、他のコ達も保護部屋についていきなりひどい下痢・・・・。
嘔吐しているコもいました。

これはおかしい・・・・・・・・・。

面会のあいだも、心配で心配でたまりませんでした。
面会が終わり、慌てて病院へ行きました。

イヤな予感は的中・・・・・。
パルボに感染していました。

頭の中は真っ白。
何をどうしたらいい???
このコ達はどうなる?
他のコ達は?

パルボ、ご存じないかたもいらっしゃるかもしれませんが・・・・。
パルボはとにかく感染力が半端なく強いんです。
ワクチンをうってさえいれば、ほぼ感染しません。
でも、まだワクチンをうてないような仔猫達には感染の確率が高く、しかも簡単に
まだ体力のない小さいコ達の命を奪っていきます。

Sさんと相談し、トロ達5にゃんは、Sさんにお願いすることにしました。
苦渋の選択でした。
やっと目が開いた頃からお世話してきたコ達です。
かわいくないわけありません。
体調が最悪なはずなのに、私の顔を見て『にゃ~』と甘えてのどを鳴らすいとおしい
5にゃん、できることなら、自分でお世話したかったです。

でも、パルボを発症したトロ達が我が家にいたのはほんの2時間程度。
Sさんのところには、すでにパルボの菌があるでしょうが、我が家には少ないはずです。
今いる他の仔猫達への感染拡大を防ぐために・・・・。
苦渋の決断をしました。



つづく




今日も遊びに来てくれてありがとー!
私のこと、ぽちして帰ってほしいのにゃー!!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

あたしたちのほうも、忘れないでー!!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



コメント

非公開コメント

CIGARさ~ん、今年の試み、なるほどその方が次々と迎えられるんですね。
パルボはどこでもらったんでしょう、潜伏していただけだったのでしょうか。
幸せへの道を歩きだしたんだもの、病気になんて負けないで欲しい…。

祈るしかできませんが、おちびさん達の回復を祈ります。

>いとさん♪
みんな昼間にお仕事をされているから、乳飲み子や体調の悪いコ達に
手が出せないんです。
私は仕事の都合上、比較的昼間も時間が取れるので・・・。
主に私が小さい手のかかるコ達を預かります。
でも、そのコ達の里親さんがみつかるまでには時間がかかるでしょ!
その間に新しいコを受け入れる限界があるので・・・。
体調が安定し里親さんが探せる状態になったら、移動していました。
でも・・・。それは間違いでした。
仔猫達の負担を考えてあげていなかったです・・・・。

パルボ、どこで感染したのかはわかりません。
我が家なのか、移動した先なのか・・・・。
でも、どうやらそんなことが問題ではなさそうです。
ストレスなく健康に暮らしていたら、感染成立しなかったかもしれません。
現に我が家にも移動した先にも、他にパルボになったコはいませんでした。
そして兄弟の中にも、感染しない、もしくはウィルスに打ち勝って症状の
でないコもいました。