想い、、、。

先日のルナの記事について、、、。

コメントを残してくださった皆さん、
ご自身のお考えを非公開でなく発信してくださりありがとうございます。
心より感謝しています。

ルナが戻ってきてすぐFBにアップしたのですが、その時にも多くのコメントをいただきました。
そして、今回の件、見てくださった方それぞれにご意見があったかと思います。

ですので、、。
ルナが戻ってきた経緯をもう少し詳細に、、、。
そして、私の考え、想いを今日は記事にしようと思います。
コメントをくださった皆さん、この記事をお返事とさせていただきます事、お許しください。



DSC_0506[1]-r



ルナの元飼い主さんは『飼えなくなった』『返したい』と連絡してきたわけではありません。
相談、、でした。
色んな事を沢山話しました。

お母さまのところに、、という選択肢もありました。
しかし、おひとり暮らしで昼夜働いていらっしゃる事、
今までご実家では歴代の猫さんを出入り自由で飼っていらっしゃった経緯があり、
完全室内飼いは難しいかもしれない事などがあり、断念しました。

隔離して、、、という選択肢もありましたが、
あまりにも狭い空間(洗面所と廊下のみ)だったので、それではルナが幸せではないと判断しました。

何度も何度も話しあいをして、私のほうから『こちらに戻してください』と提案しました。



DSC_0507[1]-r



難しい問題だと思います。

私には残念ながら子供がいませんが、、、、。
愛する子どもが苦しんでいたら、親として悩むのは当然だと思います。
自分自身の問題なら、対処できるかと思いますし、
子どももある程度の年齢になればまた違ってくるのかもしれませんが。
親が守ってあげないといけない幼い子どもなら、、、。
何としてでも必死に守るのは親として当然の事だと思います。

そういうと『しっぽたちも同じ家族でしょ!』という事になりますし、私もそう思っています。
しっぽたちも守ってあげないといけない大切な大切な家族です。
しかし、、、ずっと一緒に暮らすという事以外で幸せにしてあげられる方法を
考えないといけない時もあるのかもしれない、、、。
そう思うのです、、、。



DSC_0556[1]-r



今回の事は、ルナのこれからの事を1番に考えて出した結論です。
9年間、愛してくださり、そして相談、連絡くださり、感謝しています。
ルナが帰る場所があってよかった、、、。

でももし私がいなかったら、センターに持ち込んだのか、、、外に棄てたのか、、、。

私はルナの元飼い主さんはそんな方ではないと思っています。
信じています。


ただ、、、。
ルナにとっては、どんな理由であれ『家族から棄てられる』というのに変わりありません。
その事は胸に刻み、沢山謝って手放すまでの間、いっぱいいっぱい可愛がってあげて欲しいとお願いしました。
その部分では、元飼い主さんに少し厳しい言い方をしてしまいました。

ルナの気持ちを思うと、ただただ涙がでました。



DSC_0552[1]-r



『最期の瞬間までそばにいてください、、。』
迎えてくださる皆さんに、そうお願いして送り出します。

『沢山愛されて天寿をまっとうしてほしい。』
その事を何より願って送り出します。


たった数ヶ月かもしれませんが、愛情込めて必死で命を繋いできたコたちですから、、、。
私にとって、ひとりひとりが愛おしくてたまらない命たちです。




DSC_0284[1]-m
(画像はキジ6ちび兄妹)



しかし、、、。
どうしても、それが叶わない場合もあるのかもしれない。。。


もちろん、安易な理由で手放すなど問題外です。
もしそんな方がいたら、、、そんな方に迎えてもらった私の責任でもありますね、、。
どうしようもない理由でも、、、まずは最大限の努力をお願いします。
しかし、それをやっていただいた上でどうしても場合には、
送り出した愛するしっぽたちが戻ってこれる場所でありたいです。
そんな存在の保護主でいたいです。


譲渡の際、いつも皆さんにこう言います。
『譲渡して終わり、という形はとっていません。
このコが生きている間、ずっとおつきあいさせてくださいね。』

それは、ずっと近況報告をしてくださいね!というだけのものではありません。
そのコに何か問題が起きれば、私も一緒に考えていきますし、一緒に対処していきたいと思っています。
そして、飼い主さまご自身のSOSでも、、、。
何かありましたら、こうやって話ができる関係でありたいと思っています。
私はしっぽたちを通して、今までたくさんのステキなご縁をいただいてきました。
しっぽたちがいなければ出逢う事もなかった皆さん。。。
そんな『人』とのご縁も大切にしていけたら、、、と、思っています。

先日、、、
ある飼い主さんから連絡をいただきました。
『赤ちゃんができた』という嬉しい嬉しい連絡!
それなのに、その飼い主さんはとても言いずらそうに、、、申し訳なさそうに言われました。。。

『えー!!!なんで??そんなめでたい事なのにーー!!』って言うと、
FBでルナちゃんの事を見て、なかなか言い出せなかった、、、と。
そして『何があっても絶対あのコたち、手放したりしませんから!!!』と。

いやもう、とーってもステキなお父さんとお母さんになる事間違いなしなご夫婦なんですよ。。
それなのに、そんな想いをさせていたなんて、、、、。
私の事を気遣ってくださって言い出せなかったなんて、、、。
申し訳ない限りです(>_<)
新しい命の誕生、今からとーーーっても楽しみにしています。

そんなステキなご縁に助けていただいて、、、。
今、私はこの活動を何とか続けられています。



あ、、、。また話が逸れてしまいました。
もう支離滅裂(>_<)
長文ニガテ、、、すみません、、、、。



ルナに再会できた時、嬉しかったです。
『おかえり、、、。』そう言っていっぱいなでなでしました。



DSC_0575[1]-r
『アイシテルヨ・・・。』



ただ、ルナの幸せはここにはありません。
それは痛感しています。
責任を持って、ルナの幸せを必ず探したいと思っています。




DSC_0084[1]-r






ルナを幸せにしてくださいませんか?
面会大歓迎です。

また、ルナ以外にも保護部屋ではたくさんのコたちが、
優しいパパ、ママに出逢える日を首を長くして待っています。
面会、随時受け付けています。

面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






☆お願い☆
【猫子堂】HPのほうに、『我が家のコ自慢♪』みたいなページを作成予定です。

私のところからしっぽたちを迎えてくださった方。
あ、私のところからでなくても、猫子堂のコを迎えてくださった方。
ぜひ、写真とちょっとしたコメント、お寄せくださいませ。

☆しっぽたちを迎えて、生活がどう変わったか。
☆現在のしっぽたちの様子。
☆HPを見てくださった皆さんに伝えたい事。

この3つをお書き添えの上、
ぜひぜひ、『うちのコが1番かわいいー!!』自慢、送ってください(*^_^*)
楽しみにお待ちしています♪
あ、写真はこちらのコメント欄には添付できないので、私のほうに
メールやLINEで送ってください。
よろしくお願いします。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村









コメント

非公開コメント

色々と考えるべきことを教えてくれた記事でした。
私の家にも、猫子堂さんから譲渡していただいた猫がいます。溺愛しています(笑)
ただ私は元々アレルギー体質なので、他人事ではないなぁと考えます。

そして私も子どもはいないのですが、年齢的には、もしかしたらまだギリギリ望みはあるかも…?くらいの年齢ですので、産まれた子に私の遺伝でアレルギーがあったら…猫アレルギーだったら…。
子どもも猫も、私が守るべき家族。
きっとすごく悩んで、泣いて、泣いて…ってなるだろうなぁ。

すみません、なんだかまとまらないのですが。
もしもの場合について、協力してくれる人を見つけておかなきゃ、と思いました。今、子どもができずに悲しんでいる私を慰めてくれる猫、きっと最期の時まで幸せでいてほしい、そうしなきゃいけない、私が。

きちんと記事にしてくださって、ありがとうございました。
ルナちゃん始め、しっぽたちが幸せになれることをお祈りしてます。
そして、微力ながら活動も応援させていただきます。
お忙しい時期が続くと思いますが、お体に気をつけてくださいね。

アレルギー症状は、繰り返しアレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因物質に触れ続ける事で、ある日突然、自分の体がキャパシティを超えると発症します。自分にとってのアレルゲンが何かは、調べられるようになりましたが、アレルギー反応が出だすのは何時なのかは、もはや誰にも予測不能な出来事です。また、重篤なアレルギー症状は、命に関わるものです。アレルギーの投薬治療でよく用いられるステロイド剤は、大変良い薬であると共に副作用も大きく、長期服用による血糖値上昇や免疫抑制効果により感染症にかかりやすくなるなど、リスクもあります。
今回、我が子を親として守ろうとした事は、誰も攻められないのではないかと思いました。誰しも、明日自分に何がおこるかは分からない身です。今回の事で、大事な家族である猫ちゃんを守る為に、何かあった時の受け皿は考えておくべきだと、改めて考えさせられました。
ルナちゃんが、今後、これまでより一層幸せになれるように、心から祈っています。

こんにちは(^-^)

いろいろ書きたいことがありますが、上手く言葉になりません。
ただ、今、一番言いたい事は、ルナちゃんにとびきりの幸せが来ることを願ってます。

こういう時、

猫と話せたら、いいのになー
〜って、思います。

難しい問題だけど、
ひとまず、cigarさんのところに帰ってきて
一安心。

だって、貴女なら、沢山の『アイシテル』を
ルナちゃんに伝えられるから。

少し落ちついたら
素敵なご縁がありますように。

No title

>名無しさん
コメントを残してくださり、ありがとうございます。
猫子堂から迎えてくださったコがいるのですねー!
うわぁ!どのコだろう、、、。
そのコをいっぱい愛してくださり、ありがとうございます(*^_^*)

もしもの事なんて、誰にでも起こりうる事ですよね、、、。
それは家族構成や年齢に関係なくみんな。。。
自分が家族に迎えたコは自分しか守ってあげられない、、、。
もしもの時の事、しっかり考えておきたいですね。

No title

>しんまいさん
はじめまして。
コメントを残してくださり、ありがとうございます。
そうですね、、、。
アレルギー、侮ってはいけませんね。

今回の記事で皆さんに改めて、何か考えるきっかけになってもらえたら嬉しいです。
しっぽたちも大切な大切な家族ですもんね、、、。
ルナにももう1度、かけがえのない家族をみつけてあげたいです。

No title

>みんさん
ありがとうございます!
ルナの幸せ探し、頑張りますー!!

No title

>かつらねこさん
本当ですねー!!!
言葉が通じればいいのになぁ!!!
ほんと、それいつも切実に思います。
心の中ではいっぱいいっぱい伝えているんですけどね、、、。
ちょっとでも伝わっているといいなぁ、、、。