被災地よりレスキューしてもらいました

先日の九州北部豪雨災害、私の住む地区は幸いにも何も被害がなく済みました。
(朝の5時半から数度にわたって鳴り響く携帯の避難勧告アラームにドキドキしましたが、、、。)

が、心配事がひとつありました。

それは7年前に譲渡した親子猫さんの事。
7年前、我が家で出産した母猫トラちゃんとその子どものラニちゃんが嫁いだ先が朝倉市杷木でした。

私は当時預かりだったのですが、保護主のKayoさんと共にトライアル、譲渡にも同行させてもらいました。
(Kayoさんのブログはこちら→『ねこランド Amly*』

今回の豪雨のあとすぐにKayoさんが連絡をとろうと試みてくださっていたのですが、連絡はつかず。
消息がわからないまま、、、。

そんな時、現地に入ってくださるボランティアさん【CDCA(民間災害時動物救済本部)さま】が
いらっしゃる事がわかり、連絡をとり、、、。
里親さんの自宅まで行ってくださる事になりました。

思いのほか被害が大きく、自衛隊の方にサポートをしてもらいながら、川を歩いて渡っての現地入り。
そしてレスキューとなったそうです。

レスキュー記事がありますので、ぜひこちらを!
九州北部豪雨災害による現地活動画像&動画ダイジェスト(初日)①ー2
九州北部豪雨災害による現地活動画像&動画ダイジェスト(初日)①ー3

そして分かった事。
フタリは災害が起こる前から放置されていて、、、。
すでに20日も経っていました。

室内はネズミの死骸だらけ、
フードには絨毯のようなカビがびっしり、、、。

沢山、過酷な環境の中、レスキューしてこられたボランティアさんが
『今までで1番ひどい環境だった。』
『これは虐待レベルです。』と言われたほどの劣悪な環境の中にフタリはいました。



本当によく生きてくれていました。

レスキューしてくださった皆さんに心より感謝しています。
現地に入ってくださるボランティアさんがあると聞いて、どれほど心強かったか、、、。
そして無事、捕獲していただいて、命を救っていただいて、、、。
ただただ感謝しかありません。


ギリギリのところを救ってもらったトラちゃん、ラニちゃん。
さぞかし、痩せて衰弱しているんじゃなかろうか、、、、。
ドキドキしながら、フタリの到着を待ちました。
そして、到着したフタリ、、、、。

でかーーーーーいっ!!!!!

特にトラちゃんはかなりのおデブちゃん(笑)

いやいや、、、。
笑いごとではありません。
本当にこの放置された20日間は過酷だったと思います。
暑かった事でしょう、、、、。
ひもじい思いをしていた事でしょう、、、。
シャンプーしても落ちない染み付いたニオイで、どんな環境の中にいたか想像がつきます。


それでも、トラちゃんの以前と変わらない、懐っこい姿に何だかこっちが癒されます。



P1013922-t.jpg
当然のように、膝の上に乗ってきて甘えて、、、。



P1013928-t.jpg
ゴロンと寝転がりお腹を見せて『触って~♪』



P1013931-t.jpg
そして、お茶目な表情を見せてくれます。


これだけ人が大、大、大好きなコです、、、。
放置されていた間、どれほど淋しかった事でしょう。
不安だったことでしょう。

ご主人様はトラ、ラニをとてもとても可愛がってくださっていました。
室内飼いでもストレスにならないようにと、猫道を作ってくださったり、
家の中を色々と改造して、フタリが快適に暮らせるようにしてくださっていました。

写真も沢山沢山撮られていて、、、。
とても愛されている様子でした。

しかし、そのご主人さまが他界され、、、。
奥様だけになってしまってから、フタリの生活は変わりました。

一度Kayoさんとお参りに行かせていただいた事があるのですが、
奥様も決して悪いかたではないのですが、ご主人様のように深い愛情をもって接するという感じではありませんでした。

それでも、フタリを手放す事を希望されませんでしたので、気にはなりつつ様子を見守っている状態でした。

そんな中、ご家庭の事情でどうしてもしばらく家を空けないといけない状態だったらしく、
Kayoさんはペットシッターさんを紹介したりしていたのですが、相談は途中で途切れ、、。
結局、週に1度、息子さんに様子を見に行ってもらうだけ。
あとは、放置という状態になっていたようです。

逆にこの災害がなければ、誰にも知られず命を落としていたかもしれない状態でした。
お父様が『フタリを助けて!』って引き合わせてくださったのかもね、、、と、
ボランティアさんも話をされたそうです。
私も、そう思えてなりません。


まとまりのない長文になってしまいましたが、、、。



とにかく!!
このフタリにもう1度、幸せをみつけよう!!

そうKayoさんと強く約束をし、私たちは再度、ふたりを保護しました。



トラちゃんを幸せにしてもらえませんか??
P1013982-t.jpg


とにかく人が大好きで、常にそばにいたいコです。
穏やかで甘えん坊。
猫さんをはじめて迎えるというご家族様にもぴったりだと思います。


ぜひ1度、トラちゃんに会いに来てください♪



ちなみにラニちゃんは、、、、。
P1013906-r.jpg


トラちゃんと違って、超怖がり。
ご主人様以外には誰にも懐いていなかったというのも頷けます。

でも、、、。
時間をかけて『この人、怖くない、、、。』って思ってもらえたら、絶対に変わると思います。


ラニちゃんは少し時間がかかるかもしれませんが、、、。
P1013873-r.jpg



それでももう1度、信頼し甘えられる家族をみつけてあげたいな、、、と、思っています。





トラちゃん、ラニちゃんに会いに来られませんか?
面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村








コメント

非公開コメント

CDCAさん、皆さん有難うございます

ドキドキしながらリンクの写真付き記事を読みました!
トラちゃんとラニちゃんにとっては今回は天災ではなく人災だったんですねぇ(´;ω;`)
劣悪な環境の中をよく耐え抜いてくれましたよ。

今回、被災動物のレスキューをしていたくださるボランティアのかたがいるということを、初めて知りました。本当にありがたいことです。
警察のかた、地元の方にも感謝です!!

KayoさんとCigarさんが譲渡先の方と丁寧に交流を続けられ、猫ちゃんの幸せを願っておられることが、フタリのレスキューに繋がったとも思います。

災害で困っている人も動物も、みんなに救いの手が差し伸べられますように。
ボランティアさんにおんぶしてもらうだけでなく、公のシステムができて、どんどん成熟していくといいなと思いました。

No title

>Nanaさん
遠方から被災地まで出向いてくださってレスキューしてくださる
ボランティアさんがいてくださって、本当に心強かったです。
ありがたかったです。
そして、協力してくださった警察の方、自衛隊の方にも本当に感謝です。
沢山の方に助けていただきました。
ふたりにもう一度幸せになってもらう事で恩返しをしなきゃですね。