まめたの分まで生きよう

10日前、本当はセンターレスキューする予定なのは、1兄弟だけでした。

もう目の開いた、茶白&キジ白兄弟のみ。
DSC_6766[1]-k



でも、センターに行ったら、処分機の中には他にもたくさんの兄弟達がいて。。。



一緒に行った仲間と、1匹でも助けたいと頑張ってくださっているセンターの獣医さん、
そして私・・・。

みんなが少しだけ無理をして、1兄弟でも多く助けようとしました。



私が予定外にレスキューしたのは、シャム系のまだ目の開いていない乳飲み子達。
DSC_6784[1]-s
(この画像は最近のモノです。)


たった今、お母さんから離されたばかりのようなふっくらしたキレイなコ達だったので、

どうしても諦めきれずに、レスキューしました。



でも、みんなが無理をしてもどうしても助ける事のできない命達もいました。

同じく乳飲み子で、7匹くらいいる兄弟。

頭数が多すぎる・・・。

これ以上、乳飲み子は、いくら頑張っても無理・・・・。

たくさんたくさん考えて・・・。

『ごめんね・・・。』と、言って置いてきました。

その日はずっとそのコ達の事が頭から離れず。

おなか空いただろうな・・・。

寒いだろうな・・・。

助けてあげられなくてごめんね・・・・。

翌朝、殺処分されるであろう命達のことをずっと考えていました。




いくら頑張っても、助けてあげられる命は、ほんの少しだけです。




その後も・・・。

私は今、キャパがいっぱいで保護出来ないので、センターには行っていませんが、
その間にも毎日たくさんのコ達が持ち込まれ、殺処分されています。




だから、せめて縁あって、保護できたコはなんとしてでも命を繋ぎたいと、

必死でお世話しているのですが・・・。

1番小さかった【まめた】は先日、お空へ還っていきました。

急にひどい下痢になり、やっと125gになった体重もまた減ってしまい・・。

それでも頑張ってくれていたまめたに、点滴もカテーテルも・・・。

出来ることはすべてやったと思うのですが、命を繋ぐことは出来ませんでした。
DSC_6878[2]-m


まめた・・・。

君の成長した姿を見たかった・・・。

小さな小さな君がどんな風に成長して、どんなお顔になって、
どんなおうちのコになるのか・・・・。

君の幸せな未来を楽しみにしていたのにな・・・。



でも、もうおなかもお尻も痛くないね。

きっと今頃、ご機嫌にコロコロしているんだろうね。




他のコ達も・・・。

一気に体調を崩し、ここ数日、バタバタしています。

みんな・・・。

頑張ってまめたの分まで生きよう・・・。

助けてあげられなかった、たくさんのコ達の分まで生きよう・・・。



   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村






コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まめたちゃんのご冥福をお祈りします。

みんな生きて欲しいね。
頑張れ!がんばれ!
せっかく救われた命が無事に育ってくれますように(祈)

初めまして。

少し前から拝見させてもらってます。
私は見てるだけですが、やはり涙が止まらないです。
全ての生命を助けることはできないけど、保護活動をしてくださってる皆さんがいつか保護活動をしなくていい日がくることを心底祈ってます。
いつも本当にありがとうございます。

ご無沙汰しております

いつもブログは欠かさずチェックしていましたが
なかなかコメントを残せずにいました。
子猫ラッシュだなぁCIGARさんお身体大丈夫かしらと
主人とも話していた矢先の訃報で…
まめたちゃんすごく小さかったですものね…
本当仔猫さんの体調は予測出来なく儚いですね。
でも、CIGARさんのところで過ごすことができて、
まめたちゃんは短いながらも、その時間はとてもかけがえのない救われた時間となっていると思います。
そのような活動を骨身を削ってされているCIGARさん、
心から尊敬しております。
極度の寝不足に見舞われていることでしょうが、
お身体崩されないことをお祈りいたしております。
まめたちゃん、お空でたくさんご飯食べてね。

尊い命が失われるのは辛いですね。。。小さい体でここまで良く頑張ってくれたね。うちのにゃんずを抱きしめながらまめたちゃんが天国でよちよち歩いてる姿を想像してます、この世で過ごした時間は短くても、CIGARさんの優しさに包まれて、幸せだったと思います。

お疲れさまです

この時期、持ち込みの子犬に子猫が多くて心が痛みます。 
私もできるだけたすけたいけどキャパがないから、ゴメンナサイネ。 
本当は捨てた人間が悪いけど、代わりに謝りたいです。

そしていつもたくさんの子猫ちゃんの命を助けてくれてありがとう。
お星様になった子の分まで幸せになってね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

寝る時間を惜しんで一生懸命
まめたちゃんのお世話をしてくださって。。
小さな小さな命は
最後まで温かみのある手を感じ取り
亡くなった、だけど殺されたのではなく
お家の大事な子としてお名前も可愛いお名前を
つけてもらって。。
小さなまめたちゃん、嬉しかったね。
生きた小さな命可愛いまめたちゃん
涙と共に忘れません・・

CIGARさん、たくさんの猫ちゃんに愛情をかけて下さってありがとうございます。

まめたちゃん。。。とても悲しいけれど、冷たい処分器のなかではなくCIGARさんの温かな愛に包まれてお空にいけて寂しくなかったと思います。

CIGARさんの心と体が心配です。少しでも休まれて下さいね。

>非公開コメントをくださったBさま♪
いつも気にかけてくださり、ありがとうございます!
温かいお心遣いに感謝です(><)

>海さん♪
お返事遅くなってしまってごめんなさい!
いつも応援くださり、ありがとうございます。
やっとコメントできるくらいまでみんな回復してくれました。
まめたの分まで幸せになってもらわないといけないですね。

>もーちゃんさん♪
はじめまして!
コメントを残してくださり、ありがとうございます。
とっても嬉しいです^ー^
それなのに、お返事遅くなってしまってごめんなさい(><)
本当に・・・・。
いつか保護活動なんてしなくていい世の中になって欲しいです。
いつかそんな日が来ると信じて、今は頑張るのみですね。

>さくもこさん♪
お久しぶりですー♪
コメント残してくださり、ありがとうございます^ー^
お元気にされていますか?
あっという間に、仔猫ラッシュがやってきました。
そして、いきなりの試練がやってきました・・・。
まめた・・・。なんとしてでも無事成長させてやりたかったのですが・・・。
無念です。
でも、兄弟達や他の小さいコ達は頑張ってくれています。
私も頑張るのみですね!
また遊びに来てくださいねー。
お会い出来る日を楽しみにしています^ー^

>Junさん♪
ありがとうございます。
私もいつもまめたの姿を想像しています。
気持ち良さそうにフリースの上でコロコロして、ちゅーちゅーして・・。
元気によちよち歩いているんでしょうね^ー^
いつか再会できる日を楽しみにしています。
それにしても。。。短すぎる猫生でした・・・。

>ルネルネさん♪
ルネルネさんのほうこそ、いつもたくさんのコに手を差し伸べてくださって、
しっかりケアしてくださってありがとうございます!!
私もいつも、レスキューしたコ達に『ごめんね』って言っています。
母猫さんから引き離して、袋詰めにして平気で持ち込む人間の代わりに・・・。
何度もごめんねって言います・・・。

>非公開コメントをくださったSさん♪
温かいコメント、ありがとうございました。
何度も何度も読みました。
そして、とても嬉しい出逢いにただただ感謝です。
まぁるやシガー、そしてまめたへのプレゼントも本当にありがとうございました。
大切にします。

>myuさん♪
ずっと小さくてもいい。
何かハンディがあってもいい。
それでも生きていて欲しかったです。
でも・・・。
まめたは、もうお空で元気に遊んで笑ってくれている気がします。
いつか私が行った時に、いっぱい抱きしめたいと思います。
ちょっとしか一緒にいれなかったので・・・。
再会できた時には、その分いっぱい取り戻したいと思います。

>なこさん♪
なこさーん!!!
エリーのこと、本当に本当にありがとうございます。
たくさん手をかけてくださって、工夫してくださって・・・。
感謝です(><)

まめた、寂しくなかったですかね・・・。
そうだったらいいのですが・・・。
ありがとうございます。

こんにちゎ

初めて記事を読ませていただきました。
私ゎ2年前に駐車場で子猫を保護して、家で飼っていました。
名前を「さくら」と付け、私の部屋で飼っていました。
さくらゎとても可愛く、寝るときも布団の中に入ってきて、一緒に寝たり、朝ゎなぜがいつもお腹の上に寝ていました(笑)学校から帰ってくると、足音でわかるのかドアの前で座って待っててくれました。
そんな可愛いさくらと楽しい毎日を送っていると、12月ごろからなんだか様子がおかしく、お腹がパンパンになってきて、病院に連れて行くと、腎臓が悪いと言われ、あとゎ見守っとくしかないとお医者さんから言われました。その日の夜ゎずっと泣いていました。それでもさくらゎ一生懸命生きようと頑張っていました。しかし2月になり私がインフルエンザにかかってしまいました。私ゎ1週間部屋に隔離され、さくらと1日じゅう一緒でした。
さくらゎトイレをどこにでもしてしまい、私の部屋以外でゎ飼えませんでした。
すると、私の菌がさくらに移ってしまったのか、よく吐くようになり、だんだんと弱っていきました。
そして2月14日夜2時ごろに、ふと目が覚め、さくらを見ると吐きたいのに吐けないのかとっても苦しそうにしていました。パニックになり、親を起こしにいき、「どうしよう、さくらが、どうしよう…」と私ゎ見てるだけしかできませんでした。
そして30分後くらいに息を引き取りました。その日ゎさくらから離れることができず学校をやすみました。そして夕方、家族みんなでお墓に埋めにいきました。その間もさくらから離れることができず、お父さんが穴を掘り、「最後のお別れを言って、埋めてあげなさい。」と言いました。妹ゎ泣きながら「今までありがとね。」とか「天国でも元気でね」と言っていたけど、わたしゎどうしても声をかけてあげることができませんでした。いつまでたっても別れの挨拶ができない私にお父さんが「さくらも早くあっちで楽になりたいだろうから、埋めてあげよう?」と言い、それでやっと私もさくらに声をかけることができました。穴に埋めるときゎ見てられなくて、車の中で待っていました。
その日から夜になるとさくらのことを思い出し泣いてばかりの日々でした。

そんなことがあり、記事を読んでいると、自然と涙がボロボロこぼれてきました。
私もできることなら保健所にいる子たちをみんな引き取りたいけど、そんなことゎできず…。
だから、ペットを捨てたりする人がいなくなることを心の底から願います。
そして最近、すごく猫が飼いたくなり、里親探しの掲示板を見たりしているんですが、もしもまた…と考えると私が飼ってもいいんだろうか。と考えてしまいます。
親とも相談し、まずゎいい猫がいたら連絡をしてみなさいと言われたので、掲示板から気に入った子たちの飼い主に連絡をするけど、どれも引き取り手が見つかったとか、連絡がつかなかったりで、飼うことができません。
どーしても、猫が飼いたいので、いろいろなサイトを見て、少しでも多くの猫を救いたいです!!

なんか長々と自分のことばかり書いてすいません。

これからも記事を拝見させてもらいます。

>ゆりさん♪
はじめまして。
さくらちゃんとのお別れ、辛かったですね。。。
でも、さくらちゃんはゆりさんに見つけてもらえてよかった。
短かったけど、それまで幸せだったと思います。
ゆりさんは優しい方ですね^ー^
センターにも運命のパパ、ママが現れ、幸せにしてくれるのを待っている
仔猫達がいますよ。
また色んなところで、譲渡会もあっています!
ぜひ、ご両親と相談されて、1度一緒に行ってみられてください。