大怪我のコふたりの命

いつも仕事の合間にセンターに足を運んで、たくさんのコをレスキューしてくれる
Sちゃんから、先日こんな相談がありました。

『CIGARさん・・・。病院、分割とかしてもらえないんですかね・・・。』

『いや・・・。どうだろ。普通、分割とか出来ないんじゃないかな・・・。
 カードが使える病院なら、カードを使って分割、って方法はあるよ。
 ・・・って・・・・。どうした?』

『今、センターに収容されているコで負傷のコがふたりいて・・・。
 ふたりとも、とっても人懐っこいんですよ・・・。
 負傷した身体で、ゴロゴロいって、手をふみふみするんですよ・・・。』


その晩、長い時間電話で話しました。
いつも頭を悩ませる、キャパの問題、お世話の問題、お金の問題・・・・。
たくさん話して、考えて・・・。
ひとりは私が引き受ける事を決めました。

生きる事を諦めず、必死でアピールしている命達。
私もSちゃん同様、何とか助けたい!と、思いました。



そして、翌日、朝イチでセンターに引き出し依頼をしたSちゃんから、
メールが・・・。
『ひとりのコ(私が引き受けたほうのコ)、壊死が進んでいて早急の処置が
 必要らしいです。。
 それって、厳しいって事ですよね?
 助けたい。。。っていう想いだけでは、ダメって事なんですかね・・・。』

それでも、1度レスキューを決めた命を諦めるという事は私もSちゃんも
考えられなくて、引き出しを決意。

しかし、そこで問題が・・・。

私がお世話になっている病院は現在2箇所あるのですが・・・。

1箇所はその日は運悪く休診日。
もう1箇所は、信頼してお世話になっている先生がたまたまお休み。

悩んでいたところ、SちゃんがTAMAさんに連絡をしてくれました。

TAMAさんの答えは、やはり私達と同じ。

Sちゃんの『何とか助けたい!!』という想いに共感してくれて。
しかも、乳飲み子のお世話に追われている私の負担まで考えてくださって・・・。

快くそのコの預かりを引き受けてくださいました。

その話を聞いた時、どれだけほっとした事か・・・。

乳飲み子の体調が悪い中、長時間家を空ける事も難しかった私。
予定外にちび猫さん達が立て続けに体調が悪くなり、金銭的に厳しかった私。
本当に本当にありがたかった・・・。

TAMAさんのご好意に思いっきり甘えさせてもらいました。

今は、乳飲み子のお世話に専念させてもらいます。

でも・・・。
私にも出来る事、ないのかなぁ・・・。

TAMAさんは、シエルの手術資金集め同様、引き続き絵を描いてくださいます。

私にも何か取り柄があったらよかったのに(><)


TAMAさんもSちゃんも、とびっきりあたたかくて、頼りになる仲間です。

いつもいつもありがとう・・・。



仮名は【幸ちゃん】
幸ちゃん

このコの様子はTAMAさんのブログへ! 『絶対に救いたい命』

予想をはるかに超えた、ひどい状態でした。
生きているのが不思議なくらいの・・・。

でも、強運の持ち主の彼は、たくさんの方の助けを借りて頑張っています。

大手術にも耐え、今も必死に生きようとしています。

絶対に生き延びて、仔猫のお世話が落ち着いた頃には、元気に我が家へ
やってきてくれると信じています。




そして、もうひとり・・・。

Sちゃんが保護してくれた命はこちら・・・。
DSC_6911[1]-s
幸ちゃんと同じく、茶白のかわいいコですが・・・・。




頭はただれて、ひどい状態になっています。
DSC_6921[1]-s




誰かに、上から熱湯でもかけられたの・・・・?
DSC_6910[1]-s




いつも小さな命達を苦しめるのはニンゲンです。
DSC_6909[1]-s
こんな傷を負いながら、このコも幸ちゃん同様、全身で甘えてくれる健気なコです。



ふたりの様子、今後も記事にしていきます。

どうか応援してやってください。




幸ちゃんの保護を決めた時、あんじゅの事を思い出しました。
同じセンターで、あんじゅも両足骨折で、動けませんでした。
でも、怖がりのあんじゅも目一杯甘えてみせ・・・。
まっすぐこっちを見て、生きたいと訴えていました。
DSC_7148[1]-a
次回は、そんな【あんじゅ】のステキなお話しです。










   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村







コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんとも胸が痛みます
でも、こんな大けがをしているのに
人に不信感を抱かないなんて
本当に強運を持った子たちなんでしょうね
そして、みなさんのあったかい思いと
たくさんのご苦労、頭がさがります

無知なので、ひとつ質問してもいいでしょうか?
こんなケガをした子を連れて来るのは、誰なんでしょうか?
センターとは、引き取り手がいないと、処分されるようなところなんですよね?
いたずらをしたかもしれない人なら、わざわざ連れて行ったりしないだろうし
拾った人なら、センターではなく、病院へ連れて行くのでは?と思ったりします
そもそも、犬と違って、保険所が捕獲しなきゃいけ義務がない猫は
どんな人が連れて行くのかと、前々から不思議だったりします

cigarさん、こんにちは。

毎日cigarさんのブログを拝見して、cigarさんの姿勢に胸がいっぱいになります。
TAMAさんの「幸ちゃん」のブログも拝見しました。
胸が張り裂けそうで言葉が出ません。

家の子も「コウ」で、いっぱいの幸せと未来が光であふれるように、そして生んでくれたお母さんへコウが幸せになることで親孝行になるようにという意味をこめて名付けました。

幸ちゃんももうひとりの猫さんも絶対幸せになってほしい。
生きて、楽しい幸せな思いでをたくさん作ってほしいです。

必死に頑張っている幸ちゃんともうひとりの猫さん、cigarさん、TAMAさん、Sさんを遠い町から応援しています。
つきなみな言葉しか出なくて本当に申し訳ないですが、お体に気を付けてどうか頑張ってください。

胸が張り裂けそうです。

こんなに酷い目にあっても人間を信じてくれる。この子たちを見ていると人間の浅はかさや傲慢や残酷さを思い知らされます。

うちの男の子もこうちゃんです。

CIGARさんやTAMAさん、Sさんのような活動は出来ないけれど私は私の全てである我が子4にゃんをもっともっと幸せにしたいと思います。

全ての人間が責任ある行動をとる世の中になることを望んでやみません。

怪我を負った子は負傷動物でセンターが治療をする義務がありますので、センターで〇〇をしてほしい。と要求してもいいかと思います。ただ・・センターの医師は臨床経験があまりなく技術不足の場合が多いなので、開業医師にできることができないことも多々あります
それでも 命をレスキューされている方の医療費の負担の軽減になるかもしれません。
1匹でも助けたいという方への、経済的な負担軽減のための協力体制を行政も作るように働きかけて、そういう事例を作れたらいいですね。

あ~・・・・・
もう・・
私ができることは限られていますが
わずかですが何かをしたいと思います。また
ご連絡させていただきます。
本当に・・辛くて心が痛くなる・・
どうしてこうも残酷なことをする人間が存在しているのか
そして命を救って下さった
皆様。。もしね。。神様がいるとしたら
邪悪な者は約束の日に裁かれ温和な者は地を受け継ぎ
いつか・・動物にも優しい日が訪れる。。

私はあったかくてふわふわの存在と一緒に過ごせることに日々幸せを感じてきした。

そこには義務とか責任とかそんな言葉はありません。

家族の健康を心配し、安全に幸せに少しでも長く一緒に過ごしたいという当たり前の感情です。

命を大切にすることはそんなに難しいのでしょうか。

生きていれば、この子がこれから何年もの間にどれだけ大きな幸せを与えてくれるか…

虐待され、処分される命を考えるとき、いつもいつも思っています。

誰かをきっと幸せにしてくれる、そんな大切な命を繋いで下さって感謝です♪

CIGARさん、始め保護活動されている仲間の皆さんには本当に感謝しています。
センターでは、沢山の辛い事を目の当たりにされていると思います…。
自分より弱い者を虐待するなんて、全ての人では勿論無いのですが、人間の身勝手で傲慢さに本当に情けなくなります…。
ニャンコちゃん達、早く良くなります様に

>非公開コメントをくださったMさんへ♪
お姉さんのご相談のコ、その後、どうなりましたか?
飼えなくなったからと持ち込まれるコ達、何より可哀想です。
どんな理由があれ、許される事ではありませんよね・・・。
とにかく、今はキャパがいっぱいで・・・。
どうしてあげることもできず、申し訳ないです。

>まあるさん♪
こういうコを見かけても、拾っても・・。
病院に連れて行ってくれるのは、ごくごく一部の人だけです・・・。
大抵は、警察署に届けるか、保健所に連絡して取りにきてもらうか。
そうやって、センターに収容されます。
持ち込みは即日処分ですが、そうやって収容されたコ達は公示期限まで
センターに置かれ・・・。
その期限が過ぎたら、殺処分になります。
まあるさんのように、そういうコをみつけたらとりあえず病院へ!なんて
思ってくださる方ばかりだといいのですけどね・・。
悲しい現実です。

>コウままさん♪
いつも読んでくださっているとの事、ありがとうございます。
とても嬉しいです。
おうちの猫さんもこうちゃんなんですねぇ・・・。
HNコウままさんですもんねっ^ー^
想いのいっぱい詰まったステキなお名前ですね♥
これからもふたりの事、応援してやってくださいね^ー^

>なこさん♪
幸ちゃんは、事故かなにかでしょうけどねぇ・・・。
頭がただれているコのほうは・・・。
色んな事を詮索してしまいますね・・・・。
ごはんを食べている時とか、下を向いている時に、上から薬品か熱湯を
かけられたみたいな感じだね・・・と、話しました。
もちろん想像でしかありませんが。
でも、そのコも幸ちゃんも、とても人懐っこくで甘えんぼうさんで。
少しも人間を疑ったり憎んだりしていません。
本当にせつなくなります。
そう。。。。
自分のところに迎えたコを最期まで、いっぱい幸せにする・・・。
それが何よりですよね。
迎えられたコにとって、そのおうちがすべて・・・。
どんな人でも、その人が最愛のパパママになるんですからね・・・。
なこさーん、それも含めてのトライアルです。
エリーが来た事によって、こ~くん達が幸せでなくなるのなら。。
無理はされないでくださいね。
いつもみんなの幸せを願って、たくさん工夫して下さり、本当に本当に
ありがとうございます。

>まぐろさん♪
幸ちゃん達のいたセンターの獣医さんは、本当によくやってくださっているんですよ!
公示期限内、出来る事をやってくださいました。
だから、何とかセンターでも数日命を繋ぐ事ができました。
きっとただケージに入れられていただけだったら、すぐに亡くなっていたと思います。
幸ちゃんは、圧迫排尿も必要でした。
それもやってくれなかったら、すでに生きていなかったでしょう。
仔猫達も。。。脱水が進んでいたら、いつも補液をして出してくれます。
とてもとても優しい獣医さんです。
そして、元々は民間の動物病院にいらっしゃった先生なので腕も確かです。
センターの獣医さんには本当に感謝しているんですよ^ー^

>myuさん♪
昨日はお電話、ありがとうございました。
そして、たくさんの方にお声をおかけくださったり・・・。
本当に本当に感謝しています。
そして、快くご協力くださった方々にも心から感謝しています。
ありがとうございます・・・。
いつも皆さんに助けられています。
たくさんの方に応援してもらっていますね・・・。
幸ちゃん、絶対に元気になってもらわなきゃ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開コメントをくださったVさま♪
はじめまして!
コメントを残してくださり、ありがとうございます!
なるほど~!!
そうですねぇ。
それでフ-ドが買えたりすればかなり助かりますよね!
私もそうしようかなぁ・・・。

トラックバック

コーチバッグ

大怪我のコふたりの命 あくびの大あくび