処分機のなかの現実

仔猫ラッシュのこの時期・・・。

里親さん探しには本当に神経を使います。



これは先週、センターに行ってSちゃんが撮ってきた画像。
処分機
処分機に入れられていたのは、高価そうなラインストーンつきのリードをし、
洗濯ネットに入れられた6歳のコでした。

飼い主は、ペット不可の住宅でこのコを飼っていて、それがバレて『出て行け』と
言われたからと、このコを持ち込んだんだそうです。

6年間共に暮らしてきた大切な家族を、棄てたのです。
愛していたはずのコを殺すのです。

ある日突然、信頼していた最愛の家族に裏切られ、何の抵抗もできないまま、
このコはここに入れられました。

怯えてブルブル震えていたそうです。

このコの恐怖と絶望は計り知れません。





これが現実です。




どうか、わんちゃん、猫さんを迎える前にもう1度よく考えてください。



あなたは、そのコと今から20年近く一緒にいる覚悟はありますか?

病気になり、お金がかかるかもしれません。
そうなっても、そのコのことを出来る限り看病し、苦痛を和らげてあげる事は
できますか?

やんちゃもします。
オシャレな家具など置けないかもしれません。
あなたの大事なモノを壊されるかもしれません。
それでも、猫さんとの暮らしを選びますか?

今から20年の間に、環境や生活も大きく変わるかもしれません。

お若い方は、結婚され、お子さんが生まれるかもしれません。
ご年配の方は、ご自身が病気になるかもしれません。
転勤などでお引越ししないといけなくなるかもしれません。

そんな先の事まで、考えてくださっていますか?
そんな色んな、もしもの時の事まで考えてくださっていますか?


あなたが迎えたそのコは、あなたがいなければ生きていけません。


色んな条件等、設けさせてもらっています。


でも、1番のお願いは
『何があっても、最期の時までそばにいてあげて欲しい。』

それだけです。

『たくさん愛して・・・。愛し続けて欲しい。』


それだけです。



DSC_8502[1]-f
彼らは何の疑いも迷いもなく、まっすぐにこちらをみつめます。

100%、人間を信頼しきっています。



どうか、このコ達を裏切らないであげてください。



そして、どうか責任ある飼い主さんになってください。



DSC_7711[1]-m
このコ達は、持ち込みでした。


恐らく飼い猫が産んだコなんでしょう。

ふっくらしていて、汚れも全くありませんでしたし、ノミもいませんでした。

彼らはまだ目も開く前で、いきなり母猫と離され、訳も分からないまま
処分されるはずだった命達です。

何のために生まれてきたのか・・・。
殺されるために産まれてきたわけではないはずです。

避妊さえしてくれれば、こんな不幸な運命のコを減らす事ができます。



このコ達は運良く助ける事ができて・・・・。

DSC_8328[1]-h
現在、生後1ヶ月くらいになりました。

このコ達の命は輝いています。


でも、このコ達をレスキューした日から今日まで、私はセンターレスキューに
行けていません。

いつも言っていますが、助けてあげられるのはほんの一部だけです。

その間に、毎日、こんなコ達が殺処分されているのです。




お願いです。




猫さんと暮らしたいと思っていらっしゃるあなた。




もう1度しっかり考えてください。





あなたは、本当にそのコを生涯幸せにする事ができますか?
責任ある飼い主になる事はできますか?





単身だからとか、男性だからとか、○歳だから・・・とか、そんな理由だけで
お断りしたりはしません。

最期の時までそばにいて、生涯愛すると強く思ってくださるのなら・・・。

ぜひ色んなこと、ご相談ください。
そのコの幸せを一緒に考えていきましょう。


猫さんとの暮らしは・・・・・。
やはりいいものです。





   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

こんばんわ。
本当にその通りだなぁと思いながら読ませていただきました。
蛇口をしめる譲渡をしないと意味がないですもんね、、、
わたしもキャパがいっぱいで今は新たなレスキューはできていません。
悩むことも多くなかなか思うように動けなかったり、、、
でもやっぱりがんばりたいと思います。
少しづつしかできませんが、がんばりたいと思います。

CIGERさんにいつかお会いしたいです。いつもいつもありがとうございます(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も反省しなければならないのですが、うちは猫の飼育が不可な物件なのに猫を飼っています。多頭飼いされている飼い主さんのところで(臆病な性格のために)他の猫ちゃんたちに苛められていて、一頭だけで飼えるうちを探されていたのでうちの子にしました。バレないように気を付けているけれど、バレて出て行けと言われたら引越せばいいと割り切っています。いつかペット可物件に住みたい。。ところで洗濯ネットに入れられていた子は助かったのでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは
いつも読ませて頂いてますが、久しぶりに書かせて頂きます。

猫の里親になりたい人が沢山いる一方、処分される猫も沢山います。
そしてレスキューし必死で育てて下さる人も沢山います。
私も猫を飼うまではとても無知でした。

2匹目を保護した当初、家を新築したばかりで
おしゃれなカーテンやソファーなど真新しい家具を揃えましたが、
一年たった今はもうボロボロです。
初めのころはとても悲しかったですが、猫は悪気があってした訳ではなく
して当たり前だと思うことにしたら、何とも思わなくなりましたよ。

今はさらにもう一匹猫をと思っています。
CIGARさんのブログに出てくる大人猫ちゃん達とても可愛くてお会いしてみたいのですが、
なにぶん遠いもので、私は私で、センターに行きレスキューする勇気も無く、
近くに助けを求めているまだ見ぬ運命のコを待つことにします。

CIGARさんもどうぞお体ご自愛下さいますよう
房総半島より応援しています。

・・・・

言葉が出ないです・・
その人間の心が私には
わからない・・
殺人者と同じ心を持っている
人間・・?
わからない・・

ほんとうに、そう思います
いつか処分される子がゼロになる日がきますように

本当に心が痛くて涙がでる。。
6年も一緒に過ごして来た子を・・
考えらない

私なら引っ越す事を選ぶ。
動物も人間も同じ命なのに。
軽々しい気持ちで飼うな!と
そいつに言ってやりたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~
その子の飼い主さん
何で?我が子をここに持ち込むのか理解できません;;
動物病院とか、里親募集をかけるとかその方法あるのに…
残念です。私だったらすぐにでも抱っこしてこんな
冷たい場所に置かないです。意地でも探します!
時間掛るけど我が子が生きるためなら
そうならないような環境が大事ですよね…
愛護センターってそういう場所って
わかっていて持って行くのが信じられないです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。
暑くなってきましたので体調には気をつけて下さいね
私は今親猫さんを保護するのに苦戦中
この子を避妊させないと・・・繰り返し。

センターに持ち込まれた子は?
可愛そうに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

我が家の2匹を迎える際、いろいろ考えました。
初めての猫との暮らしでしたから。

保護主さまにご連絡するまで約4ヶ月。

かわいいだけでは飼えないから。
それは子育てと同じだから。
ただ、人間と猫という種類の違いでしかないから。

たくさん悩んで迎えました。

だから、こういった子がいると言う現実が、
本当に悲しく、悔しく思います。
命の重みは、変らないはずなのに。

持ち込んだ方が
少しも胸を痛めてないとは思いたくはないのですが、
今後、動物と暮らすということがどういうことなのか
ちゃんと考えていただけたらと思います。

そして自分も、2ニャンを含めた家族の幸せについて考えながら暮らしていこうと思います。

最後に、
福岡もとっても暑くなってきましたね。
ちびっこのお世話や家族のお世話に奔走されていらっしゃるでしょうが、
倒れないよう、無理せず(←コレが無理かも?)
お体ご自愛ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

処分される事を知っててセンターに持っていった ひどいですね…

持ってきた人間に最後のボタンを押す役目をして、目と耳にやきつけてほしいです…

ご無沙汰していますm(_ _)m
センター持ち込みのネットに入って震えていた子。
泣きました。
この子だけが特別なんじゃないことも、頭ではわかっています。
でも、この子を思って泣きました。

今年、センターから引き出された乳飲み子猫を預かりました。パルボが出て救えませんでした。そればかりか保護猫にもうつってしまい、子猫を1匹亡くしました。
たった一週間で5匹の子猫を。
辛かった。
でも、センターから救いたいと思う気持ちは無くしてないです。キャパと相談しながら、1匹でも救いたい。

里親希望者さんとのトラブルもあり、CIGARさんのブログが胸に染みました。
私は上手く伝えられなくて、遠回りをしたり、嫌な思いをしたりさせたりして、しまうかもしれない。
それでも猫を助ける手を止める訳にはいかないんだって、思っています。

CIGARさん、身体大事にね。
私も頑張るよ〜。