たまらない・・・。

いつも、直接センターに足を運んで、多くのコをレスキューしてくれている
仲間Sちゃんが、今日FBにあげた画像と文章。

ひとりでも多くの人に知って欲しくて、ここで紹介させてもらいます。

以下、Sちゃんの文章です。↓








【今センターに来て。

 今日は処分器に犬・・・パピヨンでした。飼育放棄。
 ありえない。怒りで震えてしまいました。
 オムツ着けて、ちゃんちゃんこ着て。

 何年も一緒にいたはずよね、なんでこんなことが出来るん。

 生きてるんです。温もりがあります。
 なのに『窒息死』される。

 謝って撫でるしか出来んかった。】



パピ






たまりません。

でも、これが現実です。

私達は、毎日のように収容される命達を何とか助けたいと必死になっています。

しかし、そのかげで飼い主に持ち込まれた命達は、私達の目に触れることもなく
即日殺処分されています。




一緒にお散歩して、一緒に眠って、家族として楽しかった日々もあった
だろうに・・・。

ちゃんちゃんこを着せてオムツを履かせてるのは、愛していたからじゃないの?

それなのになんで・・・・。

なんで最期にこんなことを・・・。

最期の瞬間にそばにいて、

『ありがとう  愛してる  だいじょうぶ』 そう言って抱きしめることが
どうしてできないの・・・・。

このコが最期に感じたものはなんだったんだろう。

このコの苦しみと恐怖、絶望を思うと、たまりません。





お願いです。

目をそらさないでください。

これが今の日本の現実です。

人間のしていることです。




いつも、センターに足を運んでくれているSちゃんが強いわけじゃない。

こういう活動をしている私達が強いわけじゃない。

実際にこのコを目の前にし、撫でるしかなかったSちゃんの気持ちを
思うと、胸が潰れそうです。

たまらないです・・・・。

でも、目を背けたら、何もかわらない。

どうか現実から目を背けないでください。





パピ2




犬や猫を迎えようと思った時、もう1度、しっかり考えてください。

あなたは最期の瞬間までそばにいる覚悟はありますか?

どんなになっても、愛情を持って看取ることができますか?

もしその覚悟が無いのなら・・・。
自信がないのなら・・・。

犬、猫を迎えないでください。

それもひとつの選択です。

犬や猫と暮らす全員が、最期まで愛情と責任を持ってくだされば、
不幸な命を減らすことができます。





   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村







コメント

非公開コメント

胸が締め付けられる思いです。
これが日本の現実…どうして、こんな事が出来るのでしょうか。

わたくしたちが、声を発し続けましょう!!

命と向き合うことの何物にもかえられない歓びを。
この世は、人間だけでは、いきることができない、本当の意味を。

恨みやねたみなどない、ペットたちの、あたたかいぬくもりを。


我が家の娘、生まれたときから、猫たちがいました。
彼らの病気や老いも別れもずっと一緒でした。

だからこそ、CIGARさんから預かった らしどれみ♪ たちを
ほんとうにしっかり世話をし、そして彼らから、
また、かえられない大切なものをいっぱいもらっているいます。

娘は、「失くしたものは、帰らない」ことも、知っています。
先代猫がもどらないこと。
らしどれみ♪と先代猫は、まったく別の存在であることも。

そんな多くのことを学ばせてくれて、ほんとうにありがたいです。
彼女は、一生、彼女が関わる動物と、中途半端なつきあいかたはしないでしょう。



そして。。
わたくしたち家族は、ずっと、継続して、応援しつづけます。

どうか、ペットたちの前向きな輝く心に、多くの方が気づきますよう。

無論、そうです。
安易に飼わない。

情けではなく、本当の愛情で、すべてのペットが安住できますよう。

ちょうど1週間前に、愛猫が逝ったばかりです。

最期の瞬間も、まだまだ忘れられません。

毎日、弱っていく姿は辛いけど、それ以上に愛しかったのに。

ボロボロになっても、可愛くて仕方なかったのに。

毎朝、おはようを言えなくなる方が辛いのに・・・。

なんで持ち込むかなぁ(涙)

看取る自信がないなら、飼わないで欲しいですね。

初コメントでした。

我慢できなくて・・・

最後に裏切らないでいて欲しかったですね。

最期の瞬間に「ありがとう」って伝えたい。
どうしてこんな事が出来るのでしょう。涙が出ます。
不用犬って何??!


人って情けないですね。
どんな状況になっても、動物たちはいつもいつも信じてまっすぐ見つめていてくれるのに。

いつも拝見しています。読み逃げばかりでごめんなさい。
初コメです。
物産館みのりでほんの少しお会い出来ました。
保護猫ちゃんたちが素敵な御縁を掴めますよう祈っています。

せつない
残酷過ぎる
最後が、大好きなお母さん、お父さんじゃないなんて
悲しくて、涙が出る

今の現状…私の知らないところで多くの命がなくなることをとても悲しく思います…
可愛がるだけの生き物でもない…一緒に暮らせば動物だって家族です…最後までずっといっしょにいてあげるのが当然…それができない人たちの心の中は何があるんでしょう…家族を捨てるということ…理由があるにしてもしてはいけないことです…人間のために存在しているのではないのだから…
世の中の動物が人間の好き勝手にされないよう…願います…

いっぱいコメント書いたのに投稿に失敗して
全部消えてしまいました(><)

不要犬だなんて酷すぎます。
最後の最後にこんな。。(涙)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

教えてください

はじめまして。
フェースブックで記事を拝見しました。
このパピヨンちゃんは、もう処分されてしまったのか、まだ生きているのか知りたいです。
生きているのなら助けたいです。
飼い主放棄ということで譲渡対象ではないかもしれません。
でもできる事をしたいです。
急なメッセージで申し訳ございません。
よろしくお願い致します。

何故

チャンチャンコを着せて、オムツまでして、なぜ不用犬などどかいた紙を入れたのか?捨てた訳を元飼い主に聞いてみたい!ワンコの容態はどうなのでしょうか?

取り急ぎのお返事、失礼致します。

>非公開コメントをくださったTさま
>RieMeriaさま
この記事のコはもうこの世にはいません。
飼い主持込のコなので・・・即日殺処分です。
つらい現実です。
気にかけてくださり、ありがとうございました。

飼い主さん、なぜ最後が保健所なのか?

どうして窒息死?

病院で安楽死もどうかと思うけど飼い主が見守る中で

の方がまだよかったと思います。

冷たい機会の中で動かないからだ・・・

この子の犬生の最後あなたが殺したのです!

飼い主さん、あなたもあなたの子供に不要人と

言われる時がきっときます。

最後が保健所なんて。ちゃんちゃんこにオムツ.......多分可愛がられてたと思うのですが、でも、最後が保健所じゃあんまりですね(泣)あと少しだけ一緒にいてくれたらいいのに(泣)

>皆様へ
こちらの記事へたくさんのコメント&お問い合わせくださり、
ありがとうございました。
昨夜、再度このコの画像を撮ってきてくれた仲間に詳細確認しました。

記事にしましたので、こちらをお読みいただけると幸いです。
http://taikotatakicigar.blog33.fc2.com/blog-entry-881.html
お一人お一人にお返事できず、こういう形のご報告になってしまった事、
どうぞご了承くださいませ。

苦しくて苦しくて

小学校や中学校で、授業の一貫として、この現実を教育するべきなのでは、ないでしょうか。こんな切ないこと苦しくて辛くて涙が出ます。でも一番苦しくて辛いのは、殺されていく動物達だと思います。

こんな日本を変えないと、これからどうなってしまうのでしょうか?

飲食店にあるようにペットショップやブリーダーのところにも、獣医さんが店舗検査的なことを抜き打ちでした方がいいのじゃないかとも考えます。

1人1人の意識が変わりますよう、動物に優しい日本人になりたいです。

動物に優しい先進国日本になりたいです。

飼い主の事情・・・

チャンチャンコを着て、オムツまでされて
最終が処分ということは・・・
飼い主さんにご不幸か、手放さないといけない
事情が発生したのだろうか・・・と考えます。
残念な最期を迎えたワンちゃんですが
飼い主が老齢で認知症や重病になり
手のかかる老犬までは、面倒見れないと
身内の方が処分と判断されたのかもしれない。
動物が好きな人。そして嫌いない人もいる。
私は人の事情を、良い悪いと安易に批判ができない性質です。
自分に何かあったとき、自分が飼っているペットの
後見人をしっかり確保しないと、明日は我が身のような
怖い事例だと思います。
捨てた飼い主を非難することは簡単ですが
自分の周りで、そういう選択をしている人が出ないように
もっと助け合える社会を作っていかないといけないと
感じずには居られない出来事だと思いました。

マイナスではない活動を。

ずっと前向きに、わたくしたちのそばに寄り添ってくれるペットたち。

わたくしたちも、負けないよう、前向きに!!

ひとつひとつのちいさな輝きは、大きくなればなるだけ、とっても明るいあったかい光になるはずです。

アメブロから飛んできました。このような選択をする人がいるのか、私には理解出来ません。ペットは家族という今の時代にこんな事が起こっているのになぜ問題にならないのか!メディアは何してるんでしょうか?日本はどこへ向かっていくのか末恐ろしい。
最期が看取れないなら飼うなっ!
いつの日かこんな事したら重罪の世の中になって欲しいです

ひとつ言わせて下さい。

命です。
"持ち込まれた"だなんて言わないで。
命は物ではありません。

使い捨て日本

諸外国の人は日本人に対して『使い捨て日本』と言うイメージがあるらしいです。
命あるものを『物』としか考えてない、この国は救いようがあるのでしょうか?
動物達に優しい国はドイツだとテレビで見た事があります。
よその国に出来て、何故日本は出来ないのか…

同じ日本人として、この上なく恥ずかしいです。被爆国で『平和』を唱えているくせに、実は動物達には非情な仕打ちをしている国。

私が知っている行政の職員さんは、家族に処分機のボタンを押している事を家族には言えないと苦しい胸の内を話してくれた事があります。

私は、行政が悪いのではなく各都道府県の『条例』が悪いのだと思っています。
何故なら、行政は条例通りに業務を行っているだけだからです。(援護している訳ではありません)
では、条例を変える事は可能なのか…
まずは、それぞれの町の議員に働きかけ、昔ながらの条例を変える事が先決だと考えています。
市長等へ『意見』を言えるコーナーが市のHP内に必ずあるはずです。各自の町で沢山の声を届け続ける事で、まずは『条例』を変える事を、来年の目標にしたいと思っています。
愛している人から見捨てられ、苦しみ抜いて虹の橋を渡った子達の御霊を成仏させる為、そして殺されていく不幸な子達をこれ以上増やさない為にも諦めたくはありません。

長文失礼致しました。

不幸な命達

人間の社会は、まだまだ未熟なのだと思います。
人間の子供でさえ殺し、捨てる現実があるなか
ペットの命まで考えるに至らない人々が居るのだと
思います。
犬や猫の現状を知り、こうやっていろんな人が
声をあげる事で、きっと10年後 20年後
変わってくると信じます。
殺処分はすぐに0(ゼロ)にはできないけど
この残念な最期を迎えたワンコちゃんや
その他たくさんのペット達の死に報いるためにも
命は最後まで見守る力が人間にはあるのだと
広めて行きたいものです。

2度も投稿失礼致しました。

Facebookでこのようなわんちゃん達の記事を見るたび悲しくて苦しいです
自分も愛犬を飼っているため本当に信じられません

この子達の苦しみや恐怖を考えると胸が苦しいです

きっと最期の瞬間まで愛してくれたご主人を健気に信じているのだと思うと悲しくてたまりません
飼い主が許せません

人間が勝手に飼うと決めて親元から連れて帰ったくせに
自分ならきっと不安でさみしくて仕方ないはずなのに
そんな気持ちも考えずに裏切るだなんて



感情のままに書いてしまいすいません
シェアする以外に私たちにできること、何かありませんか?
できることをしてあげたいです
見てるだけ、悲しむだけじゃいけないと感じました
できることがあれば教えてください!!

このパピヨンちゃんはまだ居ますか?
是非我が家に迎えたいと考えてます!
年老いたから不要なんてあり得ないです!
この子を棄てた飼い主こそが不要だと思います!

あまりにも悲しい話。
でもこれが現実。

不要犬。 ずっと一緒にいてくれた子達の
呼び名が不要犬。 

それだけで涙があふれました。

他の方もコメントしているように
学校など教育の現場でもこういった日本の現状を
伝え広め、小さいうちから 命について考える時間を
作ることが必要不可欠と思います。

あまりの残酷さに初コメントさせていただきました。m(__)m

>レアままさん
このコを迎えたいと思ってくださり、ありがとうございます。
こちらをお読みいただけますか?
http://taikotatakicigar.blog33.fc2.com/blog-entry-881.html
残念ですが、このコはもうこの世にはいません。

この元飼い主は生きる価値も資格も皆無のゴキブリ未満の生命体。
物凄く残酷な死に方しか出来ません。
神様がそう決めています。
だって、「不要犬」て、なに?
愛情の欠片も感じられない。
断腸の想いで保健所にペットを持ち込む人は、そんな言い方しない。

つぎにふみだしましょう

人の「悪」をあぶりだすのではなく、
人の「非」をつきつめるのではなく、

じぶんたちの「可能性」をもっとひろげましょう。

ペットたちがわたくしたちにむけてくれるたくさんの幸せを
もっともっと、おおくのかたに伝えていきましょう。

きっと、そのひとつひとつが、大きなちからになると思います。

そして、それを、ずっとやめずに、ながく続けていきましょう。

らしどれみ♪(Lala Sid 麗美)は、今日も、生きられなかった兄妹たちの分まで、
いっぱいいっぱい笑い・幸せ・ぬくもりを与え続けてくれます。

その出会いをつくってくださったCIGARさんに感謝です。

そして、ずっと、わたくしたちにできることを継続して行っていくこと、ここに誓います!!

こんな現実があることを多くの人に気付いてほしい。知ってほしい。
イヤきっと大体の人たちは知っています。ただ目を背け生きているだけ。そんな人たちが許せません。
人間は勝手で薄情な生き物だとつくづく思います。
私も愛犬を失いました。死んでしまいたいと思うほど悲しく毎日泣き続けました。
どぉして一緒に家族として生きてきた動物たちをそのように出来るのか私はどぉ考えても分かりません!理解できません!
本当に相当の覚悟をもって飼っていただきたい。軽い気持ちで飼わないでほしい。これを永遠に呼びかけていかなければいけないのですね。決して無くなることのないこの現実。多くの尊い命が救われる事を祈り、私も精一杯支援していきます。どぉか諦めず共に頑張りましょう。

制裁したい!

同じ苦しみをきっといつか味わうと思う。この飼い主だった人は・・・・  どんなにか心細く不安と恐ろしさの中で死んで逝ったのだろうかと思うと胸が悪くなります。今年の3月に12年と10ヶ月連れ添った我が子同然のシーズーの女の子が心臓病で亡くなりました。容体が悪化しだした2ヶ月間は毎日15キロの距離の行き付けの病院に車で通い続けました。治ることのない、確実に死に向かう心臓病ですが、それでも少しでも苦しませたくなくてあらゆる手を尽くしました。最後は私の看取る中、少しの間苦しみましたが安らかに息を引き取りました。 生き物を飼うって共に生きるということだと思います。動物はとても大きな無限大の癒しを私達に与えてくれます。我が家にはやはり飼い主に遺棄されたシーズーが2年半前から居ますが、愛情を知らずに生きてきたようでなおかつ手を怖がります。それでも少しずつ僅かずつ心を開いてきているような気がします。利益目的やただ一時の気分で犬猫達を飼うんじゃない!!って怒鳴ってやりたいですね! いつだって弱い者や生き物が犠牲になる、ほんとに不条理な世の中です。こういう活動をする人たちや同じ思いの人達がもっともっと増えてくれることは哀しい願いなのでしょうか・・・?

こんな悲しい現実があるんですね。
不用犬の紙を見て涙が止まりません。
犬だって年をとるんです。
最後をみとれないなら飼わないでほしい。
パピヨンちゃんが苦しまずに虹の橋を
渡れたことを祈ります。

No title

ペットの殺処分は近年減りつつあるのでしょうが今だ数多くの子達が処分という形で殺されてます 保護活動をしてる個人の方や団体の方
辛く悲しく怒りさえこらえての活動には頭が下がる思いです
ただ ペットショップ ブリーダーから簡単に買えるペット達 ここを改善していかないと永遠に処分は無くならないと思います
動物遺棄は犯罪 持ち込みも犯罪と感じます
苦しんで亡くなった子達ごめんなさい

犬の事で書きます私は犬を飼っていますがなんでこんなことができるのかその飼い主に言いたいですよ最後まで責任持って飼えないのかって人間として最低ですそんなら最初から飼うしかくないです犬とか可哀想ですから

殺処分反対!!

この子はもうこの世にはいないのでしょうか・・・
なんで・・・
助けなきゃ!!
殺処分反対!!
犬猫の飼育が難しくなった人達は
その責任を義務にして
その犬猫たちの安住の地を作りあげていく日本にしなければいけないです!
罪なき命を殺していいわけない!!