まだ人間を信じてる・・・。

昨日急遽保護した新入りさん・・・。
DSC_7579[1]-a



純血のアメショくん。

今年の1月生まれだそうで、まだ1歳弱。

そう・・・。

飼い主からセンターに連れて来られたコです。



DSC_7556[1]-a



お年寄りのボケ防止に動物が良いと聞き、90代のおばあちゃんに買い与えられたコだそうです。

でも、そのおばあさんは痴呆が進み、施設に入る事になったそうで・・・。

誰も飼えないからと連れて来られたコ・・・。



DSC_7589[1]-a



間違っていますよ・・・。

犬や猫は人間のモノや道具ではない・・・。

そんな人間の都合で飼って、いらなくなったから棄てる??

どうして『命』をそうなふうに扱えるんでしょう。

どうして、彼らの命も人間と同等だという事がわからないんでしょう。



DSC_7564[1]-a



鼻は、連れて行かれる車の中で、怖くて暴れて怪我をしたんだそう。

まだ、ごはんは食べれません。

でも、必死に甘えようとします。

本当は不安でたまらないだろうに・・・それなのに一言も鳴きません。

見ていてせつないです。



DSC_7586[1]-a



大丈夫・・・。

もう安心していいんだよ。

いっぱい抱っこするね。

いっぱい遊ぼうね。

そして、心と身体をゆっくり癒したら・・・。

本当の幸せ、みつけようね。




そして、同じくニンゲンに棄てられたコが今、センターに・・・。




アメコカ



アメコカの女のコ。

箱に入れられての収容だそう。

白内障があり、老犬だと思われます。

このコは飼い主が直接連れて来たコではないので、収容期間があります。

でも、箱の中にはフードも入れられてあったそうで・・・。

間違いなく棄てられたコです。

首輪もリードもしていましたが・・・。

お迎えが来るはずの無いコ。



アメコカ3



でも、きっとまだ人間を信じてる・・・。

無駄吠えもなく、とってもいいコにしているんだそうです。

どなたか、このコに幸せな余生を送らせてあげてもらえませんか?

最期まで人間を大好きなままでいさせてもらえませんか?



アメコカ2



このコを救ってくださる方を探しています。









   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村








コメント

非公開コメント

どこからそんな間違った情報が入って、おばあちゃんの元に・・考えられません。甘えたい気持ちと裏腹に、ご飯を食べれないほどの不安感を抱いているんですね・・すっごく、いい目をしてます。早いうちに、心開いてくれそうな気がするな~
まずは、しっかり食べて・しっかりcigarさんに撫でてもらって抱っこしてもらうのが1番ですね。可愛い顔してるなぁ♡

アメコカも、老犬だろうと病気になろうとも一生涯をみてあげないと・・こんな方には、もう2度とペットは飼ってほしくないですね。

その命をもって、わたくしたちに大切なことをおしえてくれた
くりくりお目目のにゃんちん。

ありがとう。一緒に、こえていくよ!!

あなたの本当の飼い主さんは、いるんだもんね!!
大丈夫、大丈夫☆

そのまえに、CIGAR保育園で、たっくさんのにゃんちんたちと、
遊ぶんだもんね!!

私には子供が2人いますが、幼少の頃より厳しく教えてきたことは「自分がされて嫌だと感じることは絶対にしてはいけない。」と「まず行動する前に立ち止まって考える。」でした。これは全てのことに関係すると思います。
動物だから?人間は何をやっても良いのか?人間がそんなにえらいのか?

そのにゃんちゃんを捨てた人たちはおばあさまの為にと自分たちがするべき努力をにゃんちゃんにおしつけ、必要がなくなったからと無責任に命を手放したのです。その行為をその人たちの家族や周りの人間は知っているんです。絶対にその報いは降りかかってくると思います。

お腹がすいていることより人間に甘えたいというそのにゃんちゃんの痛みを思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

初めまして。野良っ子を4年前からお家に入れまして、現在3にゃんの飼い主をしています。
今年から被災っ子の預かりをしており、その時から毎日訪問させてもらっていました。
猫を抱っこすると、暖かくて、手の下に呼吸を感じて、ドキドキしていると心臓の音が伝わります。みんな生きているのに・・・ どこまでも人間は愚かになれるのでしょうか?介護が必要になるまでにたくさんの幸せをその子から貰ったのでしょうに・・・
裏切られても、人を信じているこの子達の瞳がたまりませんね。アメショのかわいこちゃん、穏やかな優しい時間が過ごせますように。本当の家族に巡り合えますように。
アメコカちゃんにも、救い手が差し伸べられる事を祈っています。

晴一郎君、穏やかな時間を持ち続けられますように・・・

はじめまして。

公園でダンボールに入れられていた
子猫3匹が突然家族になり
あわただしい生活をおくっているものです。

一緒に暮らしていた子達の大切な命。

あまりの無責任な行動に憤りを感じます。

それでもまだ私達人間を信じてくれている。

新しい飼い主さんが
現れることをお祈りしています。

今年も、もうすぐ終わろうとしています。
私は、今年もまたニャン達と一緒に
笑って泣いての年でした。
特に別れは悲しすぎて、体も本調子に
戻るのに日にちもかかりました。
『命』が目の前から無くなる・・・
どんなに嫌でも、どんなに神様にお願いしても
容赦なく引き裂かれることがあるのに。
なのに、心無い人間は
その尊い命を何とも思わず
物を捨てるかのように・・・
ワンコでもニャンコでも引き取られた先で
命が左右されるのは辛すぎます。
この子たちが、安心して暮らせることが
できますように。
何もできないけど影ながら応援
そして願っています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 なんて悲しい話だろう…抱きしめてやりたい。君はここにいていいんだよって、言ってあげたい。せめて命をつないであげることができたら…。

 命に値段がつくってことが私には未だに理解ができない。おばあちゃんに買い与えられた命は、必要がなくなればゴミですか?年をとったら廃棄ですか?
 自分たちだって、年をとるのにね。ひどいな…。
 この人たちも年を取って捨てられた時にこの子たちの悲しみや苦しみを知るんだろうね。
 きっとおばあちゃんは施設に入ったら、誰もお見舞いにも来ないんじゃないかって、そんな人たちのような気がします。
 命がどれほど重いのか、生きるってどういうことかわからない人に命を預けてはいけないよ。こんな思いをさせられても、まだ信じてくれるの?ありがとうね…君の気持ちになんとか堪えられる人間でありたいと思うよ。

 今大切なことは、何が大切かを考えることができる力を身につけることなんだろうな。

 命を救いたいのに、今の私には何もしてあげるt子ができないみたいだよ。苦しいよ…悲しいよ…ごめんね。

 小さな命の重みを感じることさえできない人間は、自分の命の重さもわからない木偶の坊なんだろうな。

 重い現実を知ることで、いつも考える機会をいただいています。できることを探しながら、ひとつでも命が救えるように…私も頑張らなきゃなってね。

 

 

動物が心の癒しになるのは事実だけど、人間を癒すための道具じゃない!90歳の老人に与えるならそのあとのことまで考えておかなきゃダメじゃん(TT)と思いました。この子の優しそうな丸い目を見ていると可愛がられてきた箱入りさんだとすぐにわかります。こんな子が鼻を怪我するほど怯える経験をしたなんて可哀想に。。鼻の傷とともに心の傷が早く癒えますように。うちは臆病な子がいるから他の子を一緒に飼うことはできないけれど、内心では迎え入れたいくらいです。幸せな家族に迎え入れてもらえますように。