アイル、お空へ還りました

昨日、里親さんの元でFIPと闘っていた【アイル】(元かごめ)がお空へ還っていきました。



アイルは11月の半ばに、FIPを発症しました。

アイルはウェットタイプ。

腹水が溜まっていました。

それでも、その後3週間ほどごはんをちゃんと食べて頑張ってくれていました。

もしかして、FIPではないんじゃないの??

もしかして、このまま病気とうまくつきあいながら、暮らしていけるんじゃないの??

そう思い始めていた矢先でした。

病状は一気に進み・・・。

貧血がひどくなり、ごはんも食べれなくなりました。



そんなアイルと先日、偶然病院で会いました。

腹水を抜いてもらったアイルは少し楽になったようでした。

キャリーをそっと開け覗き込むと・・・。

アイルは私の膝の上に乗ってきてくれました。

相変わらず、甘えん坊さんで人が大好きなコでした。



『アイル。。。会いたかったよ。いっぱい頑張っているんだってね。えらいね。』

アイルのぬくもりをかみしめつつ、私はアイルにそう声をかけました。



どんなにキツくても大好きなママが帰ってくると必ず玄関までお迎えに行く事。

首輪、ぶかぶかになっちゃったから、今、もう少し小さい首輪を注文している事。

そんなあたたかい話を、膝の上のアイルを撫でながら、たくさん聞きました。



その翌日。。。

アイルはお空へ還っていきました。



大好きなママが帰ってくるのをちゃんと待っていたんだそうです。

みんなに見守られながら、最期は苦しまず息をひきとったそうです。



ママは、『アイルと過ごせた事、本当に幸せでした。』とおっしゃってくださいました。



アイルは本当に本当に愛されていました。
DSC_2120[1]-k
短い一生でした。
でも、アイルはとても幸せだったと思います。










   にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村









コメント

非公開コメント

この腕から、命が消えゆく瞬間の刹那は、
自分自身がこの世からなくなるときまで続きますね...。

できるなら、時間をもどしてほしいと...


それでも、ペットたちと、家族同様に、共に生きること、
向き合うこと、わたくしたち家族は、続けます。

そのなかで、何物にもかえられない、多くのことを
毎日毎日、感じます。


アイルちゃん、素敵なママのところに、きっとまた...!!

アイルちゃんママ。ご家族のみなさま。
哀しみは癒えないことと思います。


らしどれみふぁ♪から、虹の橋の向こうのアイルちゃん、
そして、ご家族のみなさまへ、エールを。

うちの先代ネコネコも、虹の橋でアイルちゃんに逢って、
先輩として、迎えてくれてるかな。。。

心よりご冥福をお祈りします。

アイルちゃん、今はゆっくり休んでください。
ご冥福をお祈りいたします。

FIPという病気が、いつか治る病気になるよう願うばかりです。

アイルちゃんのご冥福を祈り致します。

アイルに幸せな一生を与えてくれたママさん、短かくてもいっぱい愛されて旅立ったアイル。ゆっくりやすんでください。心からご冥福をお祈りします。

FIP、ほんとに憎い病気です。
みるみる弱っていく姿を見守るのは、とってもお辛かったでしょう。
アイルちゃん、安らかに。

アイルちゃん、かごめちゃん時代のブログを読み返しました。
あくびちゃんにも怒られながらも、じゃれついて…本当に本当に可愛い子でしたね。。
アイルちゃんのママさん始め御家族皆さん御辛いと思います。
アイルちゃん安らかに…。

アイルちゃんのご冥福をお祈りします。愛にいっぱい包まれてきっと幸せだったでしょう。波平じいちゃんにあったかな?一緒に遊んであげてね。安らかに・・・。

アイルちゃんのご冥福を御祈りします。

アイルちゃんのママさんご家族の方は本当に辛かったと思います。でもアイルちゃんは最高に幸せだったと思います。今頃アイルちゃんは、虹の橋の向こうで沢山の先輩たちと元気いっぱい遊んでいるんでしょうね!

優しく包んでくれたCIGARママと出会えて、そしてたくさんの愛情で包んでくれたアイルちゃんのご家族様。

アイルちゃん、たくさんの幸せに囲まれていたんだね。

アイルちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

アイルちゃんママ、ご家族様
うちも8月に大切な子がFIPで逝きました
なので、ご家族様の今のお気持ち
痛いほど分かります
『ママ、幸せだったよ、ありがとう』って
きっと言ってくれてます
たくさん泣いて泣いて
そして楽しかった思い出を宝物にしましょう
私も今、その途中です
アイルちゃんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。