大型新入り【桃太郎】くん、スペシャルにかわいいコでした


P1016416-m.jpg
ん?


P1016417-m.jpg
んんっ!?


P1016418-m.jpg
・・・・・・・・・💦💦💦

みんなの視線の先にいるのは、、、。


P1016468-m.jpg
コンチワー♪

大型新入り、【桃太郎】くん。

いやぁ、かわいいですっ!!
何が可愛いって、まずこの体型。


P1016426-m.jpg
足が短くて頭がでかくて、、、ぽってりさん♥

そして、、、、。


P1016442-m.jpg
この横に張った頬~♥♥


P1016444-m.jpg


たまらーんっ!!!
思い出すのは、そう!かおぱんっ!!!

このコは県の収容猫さんで、仲間のたまさんが引き出してくれて、
我が家に移動してきたコ。
すでに【桃太郎】というかわいい名前がついていたのですが、
我が家では密かに【ももぱん】と呼ばれておりました(´艸`*)

この体型、この顔の大きさなので、みんなはじめかなり警戒するのですが、、、。
桃太郎自体は、超優しいコ。


P1016439-m.jpg
『ねぇ仲良くしよ。ぼく、怖くないよ?』

フレンドリーに近づいていきます。


P1016449-m.jpg


そして、怖がられたり、威嚇されたりすると、、、。


P1016460-m.jpg


目を逸らして、少し距離をとる。
という、超がつく程、いいコなんです。


P1016501-m.jpg


ちょうど、オトナ猫さんを探されているステキなご縁があり、すぐにトライアル決定!
我が家で去勢手術を済ませ、トライアルのタイミングを待ってもらっていました。

のりまきの事や立て続けに入院していたちびっこたちの事で時間に追われ、
ちゃんと写真を撮っていないままで日にちは過ぎて行き、あっという間にトライアル当日!
で、慌てて写真を撮ったという次第です💦


P1016480-m.jpg


抱っこで記念撮影。
あ、おなかを剃っているのは、手術痕。
ももたろーくん、停留睾丸でして、、おなかを開けての去勢手術となりました。


P1016482-m.jpg


P1016486-m.jpg


きっと、こういう仰向け抱っこは好きじゃない。
でも、仕方ないなぁ、、、って感じで我慢してくれていました。
もも~!つきあってくれて、ありがとねー♪

いやぁ、本当に本当にかわいいコでした。
そしてトライアルから今日で3日、まだ先住さんは怖がって威嚇しているよう。
はやく、ももたろーが実は優しいコだってわかってもらえるといいね♪
なんせあのきんちゃまともすぐにうまくやっていたコなので、、、。
きっと大丈夫だと思っています。


ところで!
最近、私、ますます目が悪くなってきて、、、。
デジイチで撮ると、ピントがあっていない事が多くて困っています^-^;
なので、できるだけこのカメラとデジイチと両方で撮るようにしています。
ももたろーさんのデジイチ画像も数枚、アップしますので見てやってください。


DSC_7845[1]-m


DSC_7862[1]-m


DSC_7854[1]-m


も~もぱんくん、も~もぱんくん♪
ほっぺに入れたキビ団子~♪
ひとつ、わたしにく~ださ~いな~♪
(って、いつも歌いながら、なでなでしてました)


DSC_7864[1]-m


元々、飼い猫さんで首輪付きでの収容でした。
でも、、、。
お迎えはありませんでした。


DSC_7852[1]-m


今度こそ、、、、
いっぱい幸せになるんだよ、、、、。



最後になりましたが、、、。
本日、無事、かなで、退院できました!
もちろん、まだまだこれから、、、なのですが、とりあえず退院できた事、
とても嬉しく思っています。
落ち着きましたら、改めてご報告させていただきますね。




猫子堂では沢山のコたちが運命のパパ、ママに出逢える日を首を長くして待っています。
是非、里親さん募集ページをご覧ください。
そして面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村








兄妹揃うまであと少し! 

入院中の奏(かなで)くん、数日前にICU内の酸素濃度を下げた時には
また呼吸がはやくなっていたのですが、慎重に調整してくださり、様子を見てくださり、、、。
今日、面会に行った時には酸素濃度30%に下げた酸素室の中で、ご機嫌に遊んでいました。

そして!
明日、朝から酸素吸入が止められ、夕方まで調子が悪くならなければ退院となりました。

無事退院してきてから記事にしようと思っていたのですが、、、。
嬉しくてついフライング💦
明日の夕方、無事退院できますように☆


さて、今日はそんな奏の兄妹たちの様子♪
余裕のない生活を送っていて、あまり写真が撮れていないのですが、、、。
まとめてアップしますね。


暦(こよみ)
DSC_7715[1]-k


周(あまね)
DSC_7710[1]-a


入院中の奏が男のコ。周と暦は女のコです。


DSC_7725[1]-k


DSC_7723[1]-a


兄妹揃ってつぶらちゃん(´艸`*)


DSC_7730[1]-k


シャム系兄妹。
周は正統派ですが、、、暦はオモシロ柄になりそうな予感♪


DSC_7734[1]-a


奏は、ミルクをあげようとすると鳴いて、呼吸が苦しくなっていたので、
はやめに離乳したのですが、暦と周は断固ミルク派!


DSC_7741[1]-a


もう歯は生えているのに、全く離乳する気なし^-^;
チャレンジは毎日、続いています。


DSC_7753[1]-k


満腹ご機嫌♥
この姿に癒されています。


DSC_7759[1]-k


離乳はまだですが、日々進化中のふたり。
昨日までは無反応だったおもちゃで今日は遊んでいました♪


DSC_7802[1]-k


DSC_7784[1]-a


DSC_7811[1]-k


そんなふたりの元に奏が戻ってくるのはあと少し。


DSC_7882[1]-a


次回は3ショット、お届けできますように、、、。





猫子堂では沢山のコたちが運命のパパ、ママに出逢える日を首を長くして待っています。
是非、里親さん募集ページをご覧ください。
そして面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





命と向き合う日々 続き


闘病中だった【のりまき】は25日に静かに息をひきとりました。

のりまきは、去年の8月、生後1ヶ月程でセンターに収容されました。
センターで譲渡猫さんになるべく、お世話してもらっていたのですが、
なかなか風邪症状がよくならず、状態があがってこないのを見かねて、
仲間のさきちゃんが引き出してくれたコでした。
今年の1月の事でした。

そして、猫カフェ【小倉猫茶家】さんに預かっていただき、お世話していただきながら
ご縁を待っていました。

しかし、預かっていただいていた当初からすでにふらつきがあったのだそう。
その時、すでにFIPを発症していたんだと思います。

色々と手をかけていただき、病院にもかかっていただいていましたが、
状態は悪くなる一方で、、、。
猫子堂に戻していただく事になり、私が引き取る事にしました。

連れて行ってくださっていた病院で、
『食べ物から腸に毒素が溜まり、脳に影響している』との診断だったそうなのですが、
こちらで引き取り、受診し血液検査やレントゲン、エコー検査等していただいたところ、
内臓に問題はなしで、、、。
残念ながら、FIPの可能性が濃厚でした。

我が家にやってきた時には、すでにひどい神経症状があり、
トイレに行ったり、ごはんを食べに行ったりできない状態でした。
そして食欲も全くありませんでした。

状態は上がったり、下がったり、、、。
我が家にやってきた日には、もう今日明日にでも看取りかもと思ったり、
翌日、翌々日と体調があがってくると、もしかしたらFIPじゃないんじゃないか。。。と思ったり。
のりまきの体調に一喜一憂する日々が続きました。

何とか生きて欲しくて、強制給餌も続けました。
我が家にやってきてウンチが出たのは1度だけ。
とてもキレイで立派なウンチで、、、、。
ウンチをするなんていう当たり前の事がどれだけ嬉しかったか。。。

しかし、神経症状はさらに進み、強制も厳しくなり、、、。
延命行為をすべてやめ、寄り添う事に決めました。
それから6日、よく頑張ってくれました。

毎朝、おはようを言うと『ん~、、、。』ちゃんとお返事してくれました。
亡くなる朝も、ちゃんとおはようを言って、
ミルクっこたちのお世話、うちのコたちのお世話、保護っこのお世話が終わるのを
ちゃんと待ってくれていました。
『のりー!戻ったよー!』
『ん~、、、。』
ちゃんとお返事もしてくれました。
毎日、それからしばらく抱っこタイム。
その日もいつものように抱っこしたら、少し口を開けて苦しそうにしました。

お別れだ、、、。
そう直感しました。

『待っていてくれてありがとう。』
『うちに来てくれてありがとう。』
『のりまきの事、いっぱいいっぱい好きだよ。』

抱っこで撫でながら、いっぱい想いを伝えました。

のりまきは時々、ゆっくりと足を動かしていましたが、
最期はすぅ、、、っと、穏やかに息をひきとりました。
抱っこして10分ちょっとでした。


P1016407-n.jpg


画像は亡くなる前日に撮ったもの。
寝ている時間が長くなっていたのですが、
目を覚ますと、まっすぐにこちらを見て、甘えて鳴いてくれていました。

とてもとても可愛くて、いいコでした。



そして、
先天性の心臓疾患があり入院中の奏(かなで)も、頑張ってくれています。

毎日、面会に行っています。


奏4


『お!調子あがってきたかも!』と思った翌日には、
酸素室から出して抱っこできないくらい、苦しそうにしていたり、、、。


奏5


一進一退の状態が続きました。
検査やミルクタイムに興奮してぎゃん鳴きすると一気に悪化してしまい、
実は2度程呼吸が止まったのだとの事、、、。


奏2


ちゃんと生きる事ができるのか。
無事、酸素室を出る事が出来るのか。
ICUで酸素吸入しながらという1泊が高額になる入院、、、。
いつまで治療してあげることができるのか。

不安の日々が続きました。

入院から10日。。。
やっと、体調が安定してきました。


奏


今日から酸素の量が減らされました。
これで数日様子を見て、問題なければ退院できるとの事。

もし無事退院できても、一生、薬を飲まないといけません。
少なくても2種類、多ければ4種類程のお薬が必要なのだそう。
心配は尽きません。
でも、奏は今、一生懸命生きています。
それがすべて。


奏7


かなでー!!
はやく戻っておいで!
周(あまね)と暦(こよみ)も待ってるよー♪


P1016394-k.jpg




今回は全く告知もできませんでしたが、、、。
日曜は譲渡相談会です。
参加ご希望の方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。


4月譲渡相談会-s






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村









命と向き合う日々 

またまた更新があいてしまいました💦
体調の悪いコや小さいコに時間を取られています。
写真を撮る時間もなくて、、、、今日は携帯の画像メインで失礼します。


何とか生きて欲しいと願った小さな命たちは助けてあげる事ができませんでした。
すぐに入院させていただき、静脈点滴をしながら回復に賭けたのですが、

ちび4

和(のどか)は入院から2日後に、逝ってしまいました。
そして、ひとりになってしまった育(いく)ちゃんも、、、。

ちび3

一時期は少ないながらも自力でミルクを飲めるようになって、
もしかしたら無事回復して退院できるかも!と、期待していたのですが、
入院から1週間。。。
兄妹たちのいるお空へいってしまいました。

育ちゃんたちは、仲間がセンターレスキューしたコが産んだ仔猫たちでした。
負傷で麻痺があったそのコを保護しお世話し、、、。
元気になった矢先、妊娠している事が発覚。
保護主は、悩んで悩んで悩んで、、、、産ませる事を決心しました。
そして産まれてきた命たち。
5匹兄妹でした。
母猫さんに母乳をもらってすくすく育つと思っていた、そのコたちは
生後6日目にひとり、、、7日目にさらにふたり亡くなって、、、、。
『母乳が出ていなかったのかも!』と、慌てて残ったふたりを私が預かったのでした。
(実際には母乳は出ていたので、亡くなった理由はわかりません、、、。)

そんなふたりだったので、何とか助けてあげたかったのですが、、、、。
そして先生にも最善を尽くしていただいたのですが、、、。
命を繋ぐ事はできませんでした。

最後はむくみが出て、点滴も入らなくなってしまった育ちゃん、、、。
自宅に連れて帰り、腕の中で看取りました。


そして、もうひとり、、、。

のりまきも
DSC_7622[1]-n

今、静かに最期を迎えようとしています。

おそらくFIPのドライで、、、。
我が家にやってきた時には、すでにかなりの麻痺がでていて、
トイレに立つこともできない。
ごはんも全く食べる事ができない。という状態でした。

冷静に考えれば、もうすでにかなりの末期症状。
でも、ずっと我が家にいてその病状が進行していくのを見ていたわけではない私は
『もしかしたらFIPじゃないかもしれないし、、、。』
と、何とか回復してくれないか、強制給餌したり投薬したり、、、。
なかなか、すべてをやめてただ寄り添って見守るという事ができず、
毎日毎日、のりまきに問いかけ、病状に一喜一憂し、苦悩していました。

でも、、麻痺はさらにひどくなり、、、、。
すべての延命行為をやめ、見守る決心をしました。

P1016401-n.jpg

のりまき、、、、。
そばにいるよ、、、、。

たまらなくツライですが、、、。
あとは穏やかな最期であるよう、祈るのみです。


そんな苦しく多忙な日々が続いている中、新たに小さな命たちがやってきました。
生後3週弱でしょうか。
体重280g程度の3ちびで、みんなミルクを飲まない、、、。
でも弱って飲めないとかじゃなくて、哺乳瓶が馴染めず飲めないだけな感じだったので
試行錯誤していたのですが、そんな中、ひとりだけは何だか違う感じで。

他のコに比べて少し元気がない。
鳴き声も弱々しい。
何だか違和感を感じて様子を見ていると呼吸が少しはやい、、、。

肺炎かも!と、慌てて病院に駆け込みました。
そして検査の結果、先天的に心臓に疾患がある事がわかりました。
現在、心不全で肺水腫になっている状態との事で、酸素室に入院。
投薬で回復に賭ける事になりました。

ちび2

無事、薬が効いて助かってくれますように、、、。

病院に行かなくてよかったのは3日のみ。
小さいコの入院が続いています。

そんな中、救いは残ったふたり。周(あまね)と暦(こよみ)
やっと哺乳瓶からぐびぐび飲めるようになりました。

ちび

満腹でぐっすり眠っている様子にホッと一息。。。


明日は良い1日になりますように。




猫子堂では沢山のコたちが運命のパパ、ママに出逢える日を首を長くして待っています。
是非、里親さん募集ページをご覧ください。
そして面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村







ステキな関係♪ 

保護部屋に移動したよもぎさん。
DSC_7547[1]-y


毎日、元気に遊んで飛びまわっていますよー♪
DSC_7537[1]-y


楽しいねぇ。
DSC_7525[1]-y


『ところで、よもぎ!
今日はよもぎの大好きなおばあちゃんの事、紹介するんじゃなかったっけ?』


DSC_7572[1]-y
『え?あ!そーだった!!遊んでいる場合じゃなかった!』


DSC_7546[1]-y
『おばちゃーん!!』


DSC_7540[1]-y
フフフ、、、ヨモギチャン、ヨンデル♥

よもぎと一緒にお部屋移動したのは、全盲のおばあちゃん節子さん。
元々、よもぎの隣の小さなケージで保護していました。
いつのまにか、ケージ越しによもぎがちょっかいを出すようになり、、、。
ふたりはとても仲良しになりました。

目の見えない節子さんがお部屋を移動しても問題なく暮らせるのか少し不安もありましたが、
節子さんにももっともっと自由にのびのび暮らしてほしくて、移動を決めました。


優しい優しいおばあちゃんです。
DSC_7589[1]-s


やんちゃに飛びかかるよもぎにいつも優しく接してくれています。
DSC_7594[1]-y


節子さん、、、ありがとうね、、、。
DSC_7569[1]-s


そしてよもぎは、走り回る事によって、お部屋の広さ、形を節子さんに教えてあげているよう。
節子さんはよもぎにつられて、ケージの2段目にもグランドピアノの上にものぼるようになりました。


DSC_7617[1]-y
『おばちゃーん!ここだよー♪』

よもぎが一緒にいてくれたから、節子さんは新しいお部屋でも戸惑う事なく、暮らせています。

よもぎも、、、ありがとうね。
DSC_7576[1]-y


ちびちびさんとおばあちゃん。
何だかとてもあたたかくて、優しくて、、、ステキな関係です。

ふたりにとって、明日も楽しい1日になるといいね、、、。


DSC_7586[1]-y


おやすみなさい、、、。






猫子堂では沢山のコたちが運命のパパ、ママに出逢える日を首を長くして待っています。
是非、里親さん募集ページをご覧ください。
そして面会を希望していただけます方は、こちら猫を希望される方へのお願いをご一読くださり、
猫子堂応募フォームよりお問い合わせくださいませ。

また、ご質問等ありましたら、こちらの非公開コメントよりお願いします♪






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村